« アメセル ソプラノ 9万台 | トップページ | 初期フロリダ ダブルリング »

Baritone Slant Original 6

バリトンのスラントです。

あまり見かけませんね。
イーベイなどではたまにでてきて、結構な値がしますが実際の需要は????

スラントといえばほぼテナー、、、、やはりNY Meyerといえばアルト、、、というように、各モデル、得意とする
楽器のサイズがあると考えるのが普通でNYメイヤーだからすべての楽器にいい、、、というのはなかなか
難しいようです。

ということで、実際、バリトンのスラントが珍しいこともさることながら、私自身これをつかってるプレーヤーは
みたことがありません、、、。

Olinkslant6bari2261
Olinkslant6bari2262
Olinkslant6bari2264
Olinkslant6bari2265
Olinkslant6bari2266

そもそも、、バリトンのマウスピースってコレ、、、っていう定番というのはないですよね。 リンクメタルを除いて、、、、。 材質がそこそこよくてちゃんと作ってあれば結構つかえる、、、、しかも大きいだけあって
個体差も激しいんですよね。

なので一概になんとかのメーカーのなにモデル、、、なんていうのはあまりないから、わざわざスラントを
買う理由もテナーに比べて薄いような気がします。

でも、一番人気があるのは、やっぱりフロリダメタルリンクでしょうか???

www.tomosax.net

| |

« アメセル ソプラノ 9万台 | トップページ | 初期フロリダ ダブルリング »

Otto Link」カテゴリの記事

コメント

Tomo様
ウィンドブロスのヴンテージマウスピース(http://www.rakuten.co.jp/windbros/430378/)にこれと同じモデルで、しかも変色した9番が、¥262,500で掲載されています。
私は、最初1桁間違っているのではと思っておりました。
これは、いくら位なのでしょうか。
また、Baritoneの定番サイズはいくつなのでしょうか。
ご教示のほどお願い致します。

投稿: MK6 | 2008年2月29日 (金) 22時02分

コメントありがとうございます。

渋谷のお店の品物については、ノーコメントでお願いしたいと思います。

写真のものはサックスクエストで売られていますが、それでも1000ドル。

かなり高いですね。

ひとえに珍しいことが要因で、バリトンのスラントの需要自体はあまり高くありません。

ゆえに、なかなか売れないのだと思います。

バリトンの標準サイズ、、、というのは、何を専門に吹くか、と楽器のモデルが何かということにも大きく依存するのではないでしょうか。

バリトン専門でしたら、8~10.
テナー、アルトの持ち替えでしたら7あたり
というのが世間の流れだとおもいます。

これも、音楽的なコンセプトが先に来るのでやはりなんともいいにくいところです、、、、。

投稿: Tomo | 2008年3月 1日 (土) 07時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Baritone Slant Original 6:

« アメセル ソプラノ 9万台 | トップページ | 初期フロリダ ダブルリング »