« アメセル アルト 2389xx | トップページ | 80年代 マークシックスネック »

Alto Otto Link Early Florida

先日、アルトの後期のリンクはStittなどの古い音を出すのには十分でなく、やはり

初期のころの短めのシャンクがいい、

というようなことを書きました。 と、すると、いきなりでてきました。

Newebaymay200
Newebaymay203
Newebaymay208
Newebaymay213
Newebaymay214

おそらく、50年後期か、60年初期のものだと思います。 シャンクの長さがいまのモノに比べてかなり短いのが
みていただけると思います。 これによって、現代のあのモコモコおとがこもって、カラーのかえにくい感じが無くなるようです。そのかわり、すこしパワーも落ちるようですが、、、、。注目すべきはやはりそのつくり、、、、

ティップやレールがとてもきれいです。

10番じゃなかったらよかったのですが。 材質もよさそうです。 オットーリンクはかなり摩耗するので、このくらい綺麗なもので7〜8ばんくらいだったら500ドルでも安いくらいじゃないかと思います。 

見ただけでも、現行のものといかに違うかおわかり頂けると思います。

www.tomosax.net

| |

« アメセル アルト 2389xx | トップページ | 80年代 マークシックスネック »

Otto Link」カテゴリの記事

Alto Mouthpiece」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Alto Otto Link Early Florida:

« アメセル アルト 2389xx | トップページ | 80年代 マークシックスネック »