« Meyer Limited Edition 2000 model alto sax | トップページ | オリジナル サックスケース を作ろう »

Guardala alto mouthpiece

今日はガーデラのアルトです。
Dsc00054_1
Dsc00055
Dsc00056

さて、ガーデラのアルト、使っている人をあまり見かけませんがどうでしょう。 日本では異常に高い値段だったので当時でもあまり売れませんでした。そのせいもあって、日本では見かけることが少ないですね。 さて、どのようなマウスピースでしょうか。 小生はstudio modelを持っていたのでそれを基準に話しますが、まずかなり開きが大きかったです。つまり、普通でいうと8番くらいの感じだと思います。 さらに、すごく良くなります。つまり、吹けばどこまででも音が飛んでいくような感じです。 さて、小生のモデルはここまではよかったのですが、いくつか問題があったので使うのをやめてしまいました。

それは、ある音域だけ音がのびたりすることでした。つまり、よく鳴るのですが均一でないことが大きな問題でした。とくに、低い音はドヒャーと鳴ってしまって押さえるのが大変でした。 アメリカでも何人か使っている人を見ましたが、特にリードアルトやスタジオ系の仕事に合うようです。

つまり、じゃじゃ馬的なマウスピースでした。 テナーはまた別の感じですが、いうならばテナーのパワーをそのまま
アルトにつけてしまった、そんなかんじです。 なので、アルト的な艶やかな感じは失われる傾向にあるように思います。

やはり、このマウスピースはテナー先攻型であるので、テナー吹きがアルトを持ちかえるときにはいいような気がします。

www.tomosax.net

|

« Meyer Limited Edition 2000 model alto sax | トップページ | オリジナル サックスケース を作ろう »

Alto Mouthpiece」カテゴリの記事

Guardala」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Guardala alto mouthpiece:

« Meyer Limited Edition 2000 model alto sax | トップページ | オリジナル サックスケース を作ろう »