シューガル ゴンズ 木製マウスピース

さて、私がシューガルさんのマウスピースの中で最も優れていると思うマウスピースが、今回の木製マウスピースです。

このマウスピースが作られ始めた、おそらく80年代後半?90年代頭?あたりは木製マウスピースが流行った時代でしたね?

日本では仕入れの関係であまり入ってこなかったのかもしれませんが、色々なマウスピースで木製バージョンが作られ、ランバーソンやガーデラなど、木製が流行った時代でもありました???

今となってはその流れがはやや落ち着きつつあるようですが、シューガルの木製のラインナップはまだあるようですね。

ですが、高価なゆえにその生産本数は限られており、あまり見かけることはないのですが、場合によっては手に入りやすいようです。

まず、古めのもの、、、

201705255
201705256
201705257
201705258

次に、おそらく割と最近のものであろうもの

201705251
201705252
201705253
201705254

ゴンズⅠとⅡがあって下のほうがⅡのバージョンになります。

このⅠとⅡの違いがイマイチわからないのですが、チェンバーなどがちょっと違うんだと思います。

この木製マウスピースは、皆さん口々にシューガルのマウスピースで最もよい、、、と評価するくらい面白いマウスピースで、私もそう思います。

前にも書きましたが、いい音がするマウスピースで、非常に艶っぽいやラバー的な音色をイメージされるといいかと思います。

ただ、ゲイリーさんの今の製品はクオリティーがイマイチで、古いものでないといいものが見つからないのですが、私もよさそうなものがあれば2本目を買いたいと思っています。


www.tomosax.net


























 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

シューガル 3Dプリンターで作ったマウスピース

今日はゲイリーシューガルさんの新作マウスピースです。

私の中では割と過去のマウスピースっぽいイメージですが、今年に入って新作を2つも出したようですね。

そのひとつが今流行の3Dプリンターマウスピースです。

3Dプリンターというと同じ形を3Dでコピーするのですが、ひとつは材質が限られることになります。そして、何をコピーするのかというのが重要になります。

シューガルさんはABS樹脂とレジンの混合したものを材質として使ったようです。

このABS樹脂というのは調べてみますと、いわゆるレゴブロックのようなものを想像すればわかりやすいと思いますが、おもちゃの製造に使われるような材質です。

それゆえ熱に弱く、70度あたりで溶けてしまい、アルコールなどの化学耐性も弱いようです。

201705241
201705242
201705243
201705244

材質的にはおもちゃのブロックと同じなので、同じような色のラインナップで作れるそうです。

黄色とか、、、緑とかもできるようです???

さて、このマウスピースは何をモデルにしたかというと、型を取ったわけではなく、彼のカークウェイラムモデルのCNCマシーンのプログラムを転用したそうです。

それもある意味新しい技術だと思います。

さて、、最後にデモ動画を見てみましょう。

うーん、マイクが悪いことを差し引いてもかなり薄い音ですね。

なんというか、材質の密度の重さがない分軽い音色がします。安っぽいと感じる人も多いでしょう。

その代わりに抵抗感の軽さなど、吹きやすさはあるようですね。

いくら吹きやすくても音色が備わらないマウスピースは淘汰される傾向がありますが、このマウスピースは生き残るでしょうか???

今後もこの3Dプリンターの技術は注目ですね。

www.tomosax.net


























 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シューガル MBⅡ

今日はゲイリーシューガルのMBⅡです。

ん??? そんなのあったっけ???

と思って彼のページを見てみると、このモデルは出ていません。

彼のマウスピースで有名なのはカークウェイラムとゴンズモデルですよね?

MBⅡといえば完全にガーデラのパクリを連想させるモデルですが、実際そういうものを作ったようです。

201705231
201705232
201705233
201705234

ガーデラのそっくりそのままのコピーは多いですが、これはシューガルがベースになっているのである意味潔いですね???

ですが、ただバッフルが高いだけで何がブレッカーⅡなのかちょっとよくわかりません。

ガーデラが唯一無比である理由は、デザインもさることながら、極端に薄いレールとテーブル、そしてやや軽めの重量であることでしょう。

シューガルはかなり重い重量でガーデラのようなズバッと感はありませんから、重めの感じが好きな人にはいいでしょう。

またレールもかなり太めですから、ガーデラに比べてかなり押さないと立ち上がりが悪いでしょう。

そのように力いっぱいいきたい人には、このマウスピースはいいかもしれません。

90年代あたりには一世を風靡したマウスピースですが、最近の作りは荒く?イマイチですね???

あるいは最近はもっといいものが多く出てきて私がそういう風に感じているだけかもしれません。

このマウスピースにはガーデラとしての魅力を感じませんが、シューガルファンにはたまらないマウスピースかもしれません。


www.tomosax.net


























 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キング スーパー20 アルト 42万3千台

今日もキングスーパー20アルト42万3千台です。

42万6千でキングは買収されますから、買収直前の楽器ということになります。

買収された後はキャラクターが薄くなり鳴りも大きくなりますから、キングがビバップホーンであるのはこの時代までになります。

この楽器はオリジナルラッカーとして売られていますが、かなり赤焼けしているのでリラッカーも十分疑われますね???

9907423602kingsup20alt1
9907423602kingsup20alt2
9907423602kingsup20alt3
9907423602kingsup20alt4
9907423602kingsup20alt11
9907423602kingsup20alt14
9907423602kingsup20alt16
9907423602kingsup20alt18
9907423602kingsup20alt27
9907423602kingsup20alt29
9907423602kingsup20alt31
9907423602kingsup20alt32

大体このあたりの番手はかなり明るい音色のものが多いように思いますが、キングはコンディションなどによって音色も色々ですね。

デモ音源があるので聞いてみましょう。

この音源は暗めの演奏をしていますが、それでも華やかさを感じさせますね。

聞きようによってはちょっと弱めにヤナギサワを吹いたように聞こえなくもありません???

このあたりの楽器は先日の楽器は同じような番台ですが、この楽器よりは遥かに暗い楽器でしたね。

楽器は色々なキャラクターがありますから、このあたりのキングでも皆さんの好みに合う楽器があるかもしれませんね???

www.tomosax.net


























 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キング スーパー20 アルト 41万1千台

今日はキングスーパー20アルトの41万1千台です。

第4世代でクリーブランドでの最後のほうにあたります。

年代でいうと1965~66年あたりで、アメセルでいうところの12万~13万台の時代です。

買収される直前で楽器としてはかなり手抜きが目立つようになり、それ以前の楽器と比べるとキーの感じやボアの大きさなどがかなり変化しているようです。

本当の意味でのギリギリスーパー20ということもできるような楽器ですがどんな音がするのでしょうか???

10528411400kingsup20alt1
10528411400kingsup20alt2
10528411400kingsup20alt3
10528411400kingsup20alt4
10528411400kingsup20alt9
10528411400kingsup20alt10
10528411400kingsup20alt11
10528411400kingsup20alt16
10528411400kingsup20alt20
10528411400kingsup20alt26

もっとバリバリするような楽器もありますが、これは割りとモコッとした丸い音がしているような印象です。

この第4世代からはダブルソケットではなくなり、楽器的にも大きな変化が随所にあわられるところですが、そうはいってもキングの音はしていますね。

これなら十分にビンテージの音ですし、見た目はイマイチですが、サウンドはそんなに悪くないですね。

音重視でシックスとは違ったサウンドが欲しい人はこういう楽器に行くでしょうが、値段もそんなに高くないしある意味お買い得かもしれません。



www.tomosax.net


























 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アメセル アルト 8万8千1百

今日はアメセルの8万8千台です。

1960年製の楽器で、アルトとしてはまだまだ弱いあたりです。

アルトのマークシックスは14万台へ向けて徐々に重く大きく鳴るようになっていきますが、私の中での大きな区切りはこの8万と9万あたりにあるように思います。

というのも8万まではアクセルを踏み切って吹き続けるようなイメージですが、9万くらいからは少しずつ抑揚というか、それほど押さなくても楽器が鳴るようになるための幅が出てきます。

この楽器はそこまでではないですが、まだ全開で吹ききるとそれなりにボリュームも出て、丸めのこもった音がする楽器でしょう。

201705161
201705162
201705163
201705164
201705166
201705167
201705168

きれいな楽器ですが、私はやや気になる部分があります。

しかしオリジナルということにしておきましょう。 色は明るめで、割とパリッとした音が鳴ると思います。

ニューヨークメイヤーをつけて思いっきり吹けばフィルウッズのような感じでしょう。

ちょっと弱めの丸い音が欲しい人にはおススメです。



 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アルト BA 2万8千6百 ドーシーモデル

今日はバランストアクションの2万8千台、ドーシーモデルのシルバーです。

ドーシーモデルはBAの時代に前モデルであるレイディオインプルーブドのデザインを残したBAです。

考えようによっては残り物を使ってBAにも当てはめてみたモデルですが、ジミードーシーさんの名前でちょっとヴィンテージ感がある限定モデルです。

2万8千は1939年で戦争直前ですから、おそらくドーシーモデルとしてもかなり後期のものだと思います。

201705121
201705122
201705123
201705124
201705125
201705126
201705127
201705128
201705129
2017051214
2017051219

ドーシーモデルも部品のバリエーションがあるようで、これは低音のアームが簡略化されていますね。

おそらく部品がなくなったのでしょうか???

そしてこれは珍しいシルバープレートですが、オリジナルとして売られているようですが見た感じはリプレートに見えますね。

傷の上にプレートが載っているので後からかけなおしたものでしょう。

この時代のBAはほぼリラッカーされているので仕方ないですね。

しかし、珍しいドーシーモデルにシルバーがかかってややパワーがついていますから、通常のモデルよりもしっかり鳴って、音もややフォーカスしていることでしょう。

非常に珍しい楽器だと思います。


www.tomosax.net


























 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アメセル テナー 5万9千2百

今日はアメセルテナー5万9千2百番台です。

マークシックスは5万5千(4千)辺りから製造が始まります。

初期のマークシックスはSBAに近い感じがありますが、この5万9千あたりになるとちょっとそれが抜けつつあるようなマークシックスらしさが出てきますね。

しかしモデルチェンジする6万2千以前はややコンパクトな感じがあります。

6万台だとパワーがありすぎる、あるいはマークシックスすぎるからSBAのフィーリングが残っている楽器が欲しいけど、5万8千辺りまでの暗すぎる楽器はいや、、、というこだわりのある人はこのあたりの楽器しかないでしょう。

201705111
201705113
201705114
201705115
201705116
201705117
201705118
201705119
2017051110
2017051111

5万9千らしくそれ以前の暗い楽器よりは、このように少しテカテカした楽器が多くなります。

音色も場合によっては曇った感じの楽器もありますが、それ以前の楽器よりはちょっとはっきりしたものが多いでしょう。

今回の楽器は5万9千としては非常にきれいなコンディションで珍しいですね。

暗すぎない楽器が欲しいひとで狙っている人は多いでしょう。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キング スーパー20 アルト 43万0千台 TKブルーさんの楽器

今日はキングスーパー20のアルト43万0千台の楽器です。

キングは42万6千で買収されてイーストレイク製になりますから、この楽器はそのイーストレイクの最初の方の楽器ということになります。

さて、この楽器はNYではまあまあ著名なTKブルーさんが所有していた楽器です。

TKブルーさんはモンクのご子息とご一緒に割りとオーソドックスなスタイルの音楽を演奏していたりしますが、プレーヤーの間では割と知られた存在です。

201705081_2
201705082_2
201705083_2
201705084_2
201705085_2
201705086_2
201705087_2
201705088_2
201705089_2

年代で言うと、1967,68年ごろ、アメセルで言うところの14万15万台あたりの時代の楽器です。

TKブルーさんはあまりこの楽器を使っていなかったようで、ネックにもラッカーが残っていて中々きれいなコンディションです。

この時代のキングは大きく鳴り、また割りとフォーカスした音が鳴るので現代的でビンテージの香りはしません。

ですが機能的には十分使えるので、現代の楽器と同じような気持ちで使うイメージだといいでしょう。

40万円であまり高くないですから、彼のファンの方ういかがですか???


www.tomosax.net


























 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アメセル テナー 5万6千8百

今日はアメセルテナーの5万6千8百番台です。

マークシックスが欲しいという人は、大体5,6万台か8,9万台か予算がないから10万台以降、、という人に分かれると思いますが、その中で5,6万台が欲しいというひとは、古いわかりやすいジャズのサウンドを求める方でしょう。

ですが、5万台のマークシックスと6万台のマークシックスでは設計もかなり変わるので、楽器としてのイメージはかなり異なります。

5万台のほうがよりコンパクトで力がない感じです。

さらには5万5千から6千、7千、8千、9千とこれまた1つずつ色々な傾向があるので、マニアな人はここじゃなきゃだめだ、、というのがあるでしょうが、今回の5万6千はこのあたりでよく見かける色合いですね。

201705091
201705092_2
201705093
201705094
201705095
201705097
201705098
201705099

この少し後になるとまたオーナメントのネックになりますから、そういう意味では5万6千っぽい楽器なのかもしれません。

5万5千はシックス直後なのでまだ弱いですが、6千になるとちょっと5千のつたない感じが消えてややしっかりするように思います。

7千になると非常に暗い楽器が多くなりますから、SBAの感じもちょっと残しつつ、7千ほどは暗くないけど弱い楽器、、、的な感じで、SBAは好きだけど5万のSBAは面白くないからシックスがいい、、、というSBA嗜好の人はこの5万6千あたりは丁度いいことでしょう。

逆に、もうちょっとマークシックスがいいという人は5万7千辺りがピントとくるかもしれませんが、キャラクター的にはややモサモサするかもしれませんね???

ちょっとグリーンぽいかな?とも思ったのですが、写真によってはテカテカしているようにも見えるので、それなりに艶っぽい音がしそうですね???

www.tomosax.net


























 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ザ マーティン アルト 19万5千3百

今日はザマーティン、いわゆるコミッティー3のいい時期のアルト19万5千台です。

ザマーティンは1945年辺りから作られていますが、今回の楽器は1955年ごろの製造開始より10年後のかなり新しい楽器になります。

とはいってもマークシックスで考えると、マークシックスが出始めたころの楽器でそう思うと随分古いですね。

マーティンも10年ほど期間があるとその間の楽器の個性も色々ありますが、初期のものは非常に暗い色をしていてこの19万台あたりだと明るい色のものが多いですが、今回の楽器は中々いい色をしています。

201505011
201505012
201505013
201505014
201505015
201505016
201505017

コンディションの1つの指標であるシールが残っているので、かなりいいコンディションですね。

パッドの様子がわからないですが、このような状態だとおそらくレゾネーターが入っていないオリジナルそれに近いようなパッドが入っていることでしょう。

明るい色だと音色も明るくなりますが、このような初期によく見られる色の楽器は暗い音色がしてああいうキャラクターが楽しめるでしょう。

値段もかなりお手ごろで場合によってはオットーリンクのマウスピースより安く買えることも多いですから、アルトは罪が軽いですね???



www.tomosax.net


























 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

セルマー BA  アルト 2万8千9百 ゴールドプレート

今日はBAのゴールドプレート2万8千9百台です。

1939年製の楽器ですが、この翌年には戦火が激しくなりわずか2百本ほどしか作られませんでした。 その前年には1700本でしたがそのうちの一本になります。

ちなみに現在では年間2万本くらい作られているようです。

さて、BAの時代はラッカーが剥がれやすいためか?オリジナルのフィニッシュのコンディションのものはほとんど見かけません。

それがまさかのオリジナルゴールドプレートだそうです。

オリジナルかどうかは実物でしか判断できませんが、少なくとも色的にはかなり古いゴールドプレートですからオリジナルの可能性が高いでしょう。

201704251
201704252
201704253
201704254
201704254_2
201704256
201704257
201704259
2017042511
2017042513
2017042515

コレクター向けと言ってもいいくらいのかなりのレア楽器ですが、ゴールドプレートによってより実用的な楽器ともいえます。

この頃は楽器そのものが弱いですが、プレートによってパワーが増し、より押せるようになり、弱点であるパームキーの鳴りもより均一になりますから、ゴールドプレートがより望ましいですね。

さらには、ゴールドプレートはマークシックスを含む近代の楽器は暑苦しい重い音がしますが、この時代のゴールドプレートは音色に優美さを加えるという点でもポイントが高いですね。

BAファンにはおススメの楽器です。


www.tomosax.net


























 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«キング スーパー20 アルト 33万9千