アメセル テナー 6万3円1百

今日はアメセルテナーの6万3千1百台です。

モデルチェンジした直後ですね。

6万台の中ではかなり軽めのほうでしょう。

さて、この楽器はすべてがかなり完全な状態で残っています。

201902191
201902192
201902193
201902194
201902195
201902196
201902197
201902198
201902199
2019021910
2019021911
2019021912
2019021915
2019021916
2019021915_2
2019021919
ついうっかり違うほうに目が行ってしまいました。
あのリガチャーはセルマーのリガチャーの中でも最もバランスがよく、暗い音となりのバランスが最高なやつですね???

ねじの頭の形を覚えておくといいかもしれません。
そしてマウスピースはおそらく中の段が適当に削られているやつです。

その後のショートシャンクは抜けない感じですから、まあまあいい時代のショートシャンクです。
楽器と関係ないほうに目が行きましたが、やはりキーはかなり低くセットされていますね。

ラッカーは明るめなので、割とパリッとなるかもしれません。

値段は2万5千で意外に法外ではないな、、、と思いましたが、日本ならさておき海外なら目玉が飛び出るような金額です。

買ってもオーバーホールするにはややもったいないですし、中々使いにくい楽器ですね???

tomosax.net










| | コメント (0) | トラックバック (0)

アメセル アルト オーナメントネック

今日はアメセルアルトのオーナメントのネックです。

このネックのロゴのデザインがSが二つ重なったようになっているネックは、5万5千の最初期のシックスと、やや間をおいて5万6千終わり?から5万7千の少しだけに現れるようです。
ということはこのネックは5万5千か、5万7千あたりのどちらかのシリアルがついているはずですが、色的には5万7千にあるような感じに見えます。
201902041
201902042  
201902043

さて、このネックの特徴ですが、ロゴのデザインによってそんなに音色は変わらず、あくまでも初期のマークシックスのネックいうことになります。
特に、やや細見でパワーがないのが特徴ですね。


中後期のネックと比べると、同じ感じで吹くと詰まるがある代わりに、後のネックほどはびやーっと行かず落ち着きがあります。


さてこのネックをどのように使うかですが、セブンやシリーズ2には全く合わないでしょう。
付けると鳴らなくなって調子が悪くなったように感じると思います。


中後期にも同じようなことが言えます。
逆にSBAにつけると、音に輪郭が出すぎて、あるいは音が太くなりすぎてSBAの音色ではなくなってしまいますね。

というわけでこのネックが合いそうなのは、せいぜい8万台くらいではないでしょうか?
それ以上だと楽器が鳴らなくなりすぎてしますので、6万、7万台で少し味を濃くして、音色重視のほうを向きたいときにこのネックはやくに立つでしょう。
ですが15万円は効果の割には高すぎるような気がします、、、、、


tomosax.net


| | コメント (0) | トラックバック (0)

アメセル バリトン 6万1千9百4十 LowA

今日はアメセルの6万1千9百台です。

アメセルバリトンでLowAのものは、それなりにはあるのですがアルトやテナーほどは見かけません。

今回のものは6万初期でBbベルも多かった時代ですから、LowAを見かけるのは久しぶりのような気がします。

アルトやテナーは6万2千から本当の意味でのマークシックスのデザインになりますが、バリトンはこのあとの6万2千あたりからデザインが変わるかどうかは確認できていません。

バリトンはテナーよりも後にマークシックスになったように記憶しているので、この楽器はそういう意味ではかなり初期のマークシックスバリトンということになります。

それゆえ6万2千を超えてシリアルの字体が変わっても楽器の目に見えるようなデザインは変わっていないかもしれません。

201902031

201902032
201902033
201902034
201902035
201902037
201902038
201902039
2019020311
2019020313
銅が多いのかかなり緑青がついていますね。

それにしても6万台らしくいい色をしていて、テナーであればちょうどいい暗さですね。
この時代のバリトンを持った瞬間にわかりますが、楽器そのものが相当軽いですね。

そして現代の楽器のようにバリバリ鳴らずに丸い音がします。
そして反応も速くとても気持ちよく吹けます。

どうしても現代の楽器は明るめにバリバリ鳴る側に振れてしまうのでテナーや特にバリトンはアメセルのような暗く散った音色が心地よく聞こえます。

その意味ではこの楽器はテナーの同じような楽器よりははるかに希少性が高いでしょう。

バリトンファンにはぜひお勧めしたい楽器ですね???
tomosax.net





| | コメント (0) | トラックバック (0)

アメセル アルト 6万7千4百

今日は6万台7千のアルトです。

SBAを抜けて6万台にはいり、やっとマークシックスらしく太くなってきた頃の楽器ですね。

一生懸命吹いてもあまり音ベルから抜けず、押すとすぐに詰まってしまうのがこのあたりの特徴で、あの抜け切らない音が本当にビバップ的な音でいいですよね?

さて、その中でも色合いによっていろいろなキャラクターがあるのですが、これは明るめで艶っぽい音がしそうですね。

さて、この楽器斬新なことに、楽器本体のシリアルのあたりに、著名人のサインが彫られています???

201901301
201901302_2
201901303_2
201901304
201901305
201901306
201901307
201901308
誰のサインかというと、ファーガソンとアルトゥーロサンドバル、、、、って、トランぺッターやないかい、、、、と突っ込みを入れたくなりますね。

あとあまり有名でない人のサックス吹きのサインもあります。

私が想像するにファーガソンビッグバンドの演奏を見に行って、ロッキーのテーマとか生で聞いちゃって、たまたま楽器を持っていたからサインをしてもらっちゃった、、、ということでしょう。

楽器に有名人のサインをしてもらうパターンは初めて見かけたような気がします。

恋人の名前の入れ墨を入れちゃうパターンに近いと思いますが、楽器の場合は傷がいきすぎると鳴りが悪くなるのでやめたほうがいいですね?

楽器にサインが入っていることに何の意味があるのか?良くわかりませんが、いいイメージよりも悪いイメージなのは私だけでしょうか?

6800ドルでそれなりにお値段もしています。

もし自分の楽器にサインをもらうとすれば皆さんは誰のサインですか???

他人の名前入れると、、、たとえばブレッカーとか入れるとその人の所有の楽器みたいでなんだか変ですよね???


いれないけど、やっぱり入れるなら所有者の名前がいいように思うのは私わけでしょうか???

tomosax.net








| | コメント (0) | トラックバック (0)

オットーリンク ダブルリング テナー 9 

今日はダブルリングのテナーの9です。

トーンマスターの9は数本見かけたことがありますから、その後のダブルリングに9番があっても何の不思議もありません。

しかしながらサイズ的には特注のみの製作であったはずで、そんなに数は多くないのでかなり珍しいものということができます。

あいにく今回のものは7にサイズダウンしてるのでオリジナルの様子はあまり伺いしれませんが、それでもかなり使い込まれています。

201901281

201901282  
201901283
201901284
201901285
リフェイスしたのは最近、、おそらく中古としてこのマウスピースを手に入れた人のようですから、このダブルリングはオットーリンクの字が消えるまで激しく使用されたわけですね。

さて、9番を7にサイズダウンして入口の底が上がっているのにメッキが残っているということは、オリジナルよりはかなりバッフルが高いということになります。

さらには、9番は7番よりもチェンバーが大きいはずですが、それはサイズダウンによって戻すことはできませんから、音が散った広がった音がするはずです。

そこに高めのバッフルがついているわけですから、ブワッと広がった音の中心部分にバッフルのフォーカスしたバズが乗っているような状態でお互いの音色の特色を打ち消すようなデザインになっています。

いくらダブルリングでも、オリジナルとは別物のマウスピースになってしまってやや残念ですね?

見れば見るほど、チェンバーが大きいな、、、と思うわけで、マウスピースがやや短いこともさておき、その絶妙なバランスがダブルリングの良さだということが改めて垣間見えるマウスピースでもあります。

でも10万円は高いかな???

tomosax.net





| | コメント (0) | トラックバック (0)

3万2千円のカーブドソプラノ?

今日は巷でいろいろ見かける安いサックスです。

昔は少年ジャンプの裏表紙などに5万円くらいで売っていたどうしようもないものが、最安値サックスという感じでしたが、今はいい時代になりもっと安く?変なものが出回るようになりました。

ありとあらゆるものがコピーされ、何がどういうものなのか全く把握できませんが、私が聞いた話によれば、この類の楽器はほぼ同じ地域の村?から世界中にばらまかれているイメージだそうです。

それはサックスに限らず、カバンなどもそういう場所がアジアにはあるようですね。

これは一応イタリアからの楽器ですが、製造はアジア圏でしょう。


さて、今回私がこのサックスに目をとめたのは、いろいろくだらない理由がありまして、、、
①とある理由でピンクのサックスを欲しい人がいる
②海外出張で長期滞在したときに、荷物にならないかつ最悪なくなっても惜しくないものを
欲しい人がいる
③できれば会社の帰りにスタジオによってアドリブの練習をしたいが、スタジオに預けても気にならない楽器が欲しい人がいる
④家で小さな音で吹いているが、できればスタジオで練習したいが、重たいテナーを持って自転車でスタジオに行くのが怖い人がある、、、
などなど、、上記の人たちがすべて別人ですが、皆さんそれぞれ練習環境に問題を抱えています。

それを叶える楽器を探すために比較的ましな楽器を探すのですが、この紫色に私は惹かれてしまいました。

紫色の楽器使っている人はいまだ見たことがないのと、やはりそういう楽器を使っている人がいると、、サムテイラーのように、名前は覚えていないけど、、、あのピンクの人、、、見たいになりますよね。

それで何となく、よく見てしまったわけです。

201901261
201901262
201901263
201901264
201901265
201901266
201901267

まあ、見るからにヤナギサワの楽器の型を取ったわけですね。

ということは、金型でガシャ、、、と作っているから安いわけでしょう。

もちろん、本物とその差は雲泥の差です。

金属は叩くことでいい音がするようになるので、金型で成型してもよく鳴りません。

さらには、ヤナギサワ2代目社長が仰せられていたのは、一生懸命作らないといい楽器ができない、、と。

すなわち、ちょっとでも手を抜くとそれなりの楽器になってしまうのです。

というわけで、この楽器はその程度の楽器で本物の足元にも及びません。

しかし、練習しないよりは、あるいは、e-saxやewiよりは練習になるでしょうから、その意味では練習の助けになるでしょう。
2019012610

よく見ると、パッドにレゾネーターが入っていませんから、、、あまりいい音もしませんし、鳴りも悪いでしょう。

ですが、薄っぺらい音があまりならない感じで音が出る楽器でしょうね。

逆に、こんな楽器でもいい音で吹ければ腕がいいわけですから、そういう楽しみ方もありますね?
このような楽器を}必要とされている方いかがでしょうか???
tomosax.net




| | コメント (0) | トラックバック (0)

セルマー エアフロー アルト F

あれあれ、、セルマーのエアフローの大きい番手ってそんなに見かけなかったのに、、、重なることって在るんですよね、、

いざ楽器を買おうとすると全然なかったりするのに、あるときポンポンと続けていいのが出てきたり、珍しいのが出てきたり、、、世の中不思議なものです。

さて、ショートシャンクのひとつ前のモデルであるエアフローですが、本来であればEあたりもそんなに見かけるものではありません

ですが、今度はFです。

開きは86で非常的な8番です。

8番というのは現代でも結構大きめで、当時であれば今の10番とか11番くらいの感覚であったはずで、相当大きいですね。

201901251
201901252  
201901253  
201901254
201901255  
201901256  
現代のマウスピースと大きく異なるのは、短いこと、ラージチェンバーであること、バッフルがない、そしてフェイシングの長さが異なる、、、です。

即ち設計的にはかなり異なり、現代のマウスピースと同じ音がするはずがありません。

ですが、このエアフローにはそれなりの吹きやすさがあって、魅力的ですね。

なんというか、鳴るポイントというか、息が当たる打点のようなものが異なり、それが古い軽い楽器と一体になった時、近い感じの鳴り方で散った音がするようになります。

このマウスピースは、古い楽器の良さを生かしつつ、現代の奏者が対応できるという意味で、開きが小さいものをダブルリップでしか対応できない吹き方でなくビンテージの音再現できる可能性があります。

それゆえ、私もいろいろな経験がありますが、コーンやマーティンやキングや、SBAなど、このマウスピースを合わせることで発揮できる音があります。
古い楽器をお使いの方にはぜひお勧めしたいマウスピースです。
tomosax.net




| | コメント (0) | トラックバック (0)

セルマー エアフロー アルト G

今日はセルマーのエアフローのアルトのGです。

エアフローはショートシャンクの1つ前のモデルとなりますが、40年代から50年代初期のマウスピースです。

CやDはそれなりに見かけるのですが、なんとGです。

Gという大きさはショートシャンク時代でもあまり見かけないですから、それより古い時代にGというのはかなりイレギュラーなサイズで、おそらく特注でしか作っていなかったことでしょう。

開きは92で、メイヤーでいうところの9番ですからかなり大きいですね。

201901241

201901242
201901243
201901244
201901246
201901247
201901248
バッフルはないのでかなり鈍い感じがするでしょう。

アントニオハートが使っていたエアフローのEをしばらく借りて使っていましたが、マウスピースが短いために近い音がします。

音に締まりがなく散った音がしますが、思ったように音がまとまってくれないので、現代のマウスピースに鳴れていると吹きごたえがなく、鳴れるまでに時間がかかります。

さて、それが9番ですから、息は持っていかれるけど、音は散って変わった音がすることでしょう。

さらにはフェイシングがこの時代は先っぽが急なので、高い音に行ったときにちょっと持ち上がる感じがあって9番だと余計にそうなりやすいですから、結構難しいマウスピースだろうと思います。

しかしながら、レア度で言うとかなりのもので、そんなものが存在していることにやや驚きです。

もう少し小さいほうが使いやすいので、中々引き合いが薄いですね???
tomosax.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ザ・マーティン アルト 17万1千 リプレートのサテンシルバー

今日はコミッティーⅢことザマーティンの17万台です。

マーテインはラッカーが剥げやすく?リラッカーも多くきれいな状態で残っているものは非常に少ないですよね?

じゃあいっそのこともう一度塗装をかけて、、ついでだからシルバーで落ち着いたパワーのある音にしよう、、、と考える気持ちもよくわかります。
ついでにシルバーはサテンにして、角を落とした音色にしよう、、、とこだわりぬいた仕上げにしたのが今日の楽器です。

201901231
201901232
201901233
201901234
201901235
201901236
201901237
201901238

リプレートにしたため、貝にややダメージがいっていますね。

ですが、とても美しく仕上がっています。どんな音がするのか聞いてみましょう。


大方予想通りですが、音は重く、細かいニュアンスが出にくいサウンドになりました。

これは、サテンシルバーが重いために、音色以外の表現は失われた、、、と言ってもいいくらい、いまいちな感じに聞こえます。
そういえば、ミレニアムなるものもセルマーから出ていましたが、あれも重い上に鈍い、、、個性的な楽器でした。

ということでとても残念な結果になってしまいました。マーティンの軽さならもう少し自由度があってもよかったのですが、特にサテンにするには薄くしないと楽器の表情が死んでしまうようですね???

こういう楽器は音色は最初は楽しいのですが、、、すぐ飽きる、、、ことが多いのですぐに飛びついて買わないように気を付けましょう。

tomosax.net








| | コメント (0) | トラックバック (0)

«The Martin アルト 19万0千4百 ミントコンディション