アメセル アルト 16万1千2百 ネルソンランジェルさんの楽器

今日は、ネルソンランジェルさんの所有物だったアメセルアルト16万1千台です。

 

ネルソンさんは、1980年代中期あたりから頭角現し始めたフュージョンプレーヤーで、初期のほうにGBPレコードからたくさん傑作を残されましたね。

 

その当時はあまり日本にいらっしゃることがなかったので知名度はそんなに高くなかったかもしれませんが、サンボーン先生とは違ったデュコフ的ARBサウンドで、アメリカでは著名なフュージョンプレーヤーです。

 

そんなネルソンさんが所有していた、まさにフュージョンをするための?アメセルが売りに出されています。

 

202010314 202010315 202010316 202010317 202010318 202010311 202010312 202010319 202010313 2020103111

14万台を基準に考えたときの16万台ですが、傾向として鋭さの角が取れてちょっと丸みがあり、マイルドになった頃ということができます。

 

ボリュームも14万項よりは少し抑え気味な感じで、14万のズバズバ感が弱まっている分ジャズ的にも弾けるあたりです。

 

この楽器は、音はかなりフォーカスされているということですから、16万の中でもやはりズバッと14万を感じさせるフィーリングがある楽器なのでしょう。

 

ネルソン先生は、デビュー初期の時点では私の記憶ではすでにヤマハを使っておられたので、それ以降に使われたものかもしれませんし、ヤマハ以前かもしれませんが私にはわかりません。 つまるところはウッドストーン使っているから、もういらないということですね。 

 

楽器としては、やや暗い色味に見えますので、それなりに暗い色がしてジャズも十分行けそうです。 ネックがちょっとつぶれていますが、やはりあの構え方はネックにはよくないということですね?

 

コンディションはさておき値段も市場価格よりは抑え気味で、フュージョンもできるジャズホーンを探している人にはまさにうってつけ。 そういうスタイルでなくとも、ちょっと買っておこうかなと考えてしまうネルソン先生の所有物。

 

すぐ売れてしまいそうですね?

 

tomosax.net

 

 


 

Lessonnbannernew2(レビューをたくさんいただきました、商品ページの下部で見ることができます)

 

 

 

 

| | コメント (0)

アメセル バリトン 10万4千7百

今日は、アメセルバリトン10万4千代です。

 

アメセルのバリトンも、時代を経るごとに強くなっていきますが、10万台ともなるとテナー同様、少しずつしっかりと張りのある音が出てきます。

そこで重要となるのは、キャラクターでしょう。

今回のものはテナーでは11万辺りによくみられる色で、この辺りの”アタリ”の楽器の特徴的な色です。 非常にキャラクターが濃く、いい音色が楽しめます。

 

202009107 2020091010 202009103 202009104 202009102 202009101

202009108 202009107

 

オリジナルのパッドも残っていますね。 このラッカーの特徴は、カラッとしていながらも、黒光りしたような張りのある音があり、そのバズの中には怪しいつややかさがあるところです。

 

バリトンですから、弾く音をゴゴゴゴ、、、と鳴らしたときに、パサパサした枯れた暗さでなく、はっきりとした音色の中に、黒光りするような艶やかさがあるでしょう。

 

またテナーでは、暗い中にしっかりとした音の張りと輪郭が感じられ、音の立ち上がりも軽いですね。 そして、フラセルのようなモッとなるような感じでなく、カラッと軽快に鳴ってくれます。

 

強い強いキャラクターと、反応、音の立ち上がりの良さ、、、まさに、オールランドプレーヤーといったところです。 さすがにすぐに売れてしまいましたね。

 

フルバンドでも、しっかり音の重さを支えながら、速いパッセージも小回りが利いて良さそうです。

 

 

tomosax.net



 

| | コメント (0)

セルマー ショートシャンクテナー  テナー 特注? プロトタイプ?

今日は、セルマーのテナーのショートシャンクです。

 

理由は不明ですが、セルマーの刻印がかろうじてあるだけで、シャンクの模様もなく、跡だけが残っています。

 

テーブルにも、いつものサイズの刻印はなく、無印です。

 

テーブルや先端には鑢の目が残っていますので、このままでオリジナルの状態です。

 

202009018 202009011 202009012 202009015 202009013 202009016 202009017

 

形は間違いなくショートシャンクですから、ショートシャンクのプロトタイプ的なものか、特注で作ってもらったものでしょう。

 

サイズは88で、EとFの中間というサイズで、非常に中途半端ですね。

 

ということは、おそらくこういうサイズが欲しいという特注で作られたものではないでしょうか?

 

じつは、こういう刻印がないものはまあまあ見かけるので、そんなに珍しくはありません。 ちょっと電話して頼めば、作ってくれたことでしょう。

 

ショートシャンクは、中の容積が大きくなっているものが自由度が高くいいのですが、残念ながら中は見えませんね。

ショートシャンクにもいろいろな材質が見て取れますが、これは古めのいい感じ見えます。 バッフルもそれなりにあるので、ちょっとリフェイスすれば低音はさておき、いい感じになるぽ天書あるがありそうなマウスピースですね?

 

tomosax.net

 

 


 

Lessonnbannernew2

 

 

| | コメント (0)

アメセル テナー 6万6千2百 ジョーフラム先生の楽器

今日は、アメセル6万台6千台、ジョーフラム先生の楽器です。 ジョーの楽器を見るのは、3本目くらいでしょうか? ジョーは割と楽器やマウスピースを頻繁に代えるので、彼の関連商品は多く出回っていますね。

 

大体、6万台が中心で、5万後半の楽器が中心ですから、ちょっと弱めのシックスがゴリゴリ鳴るのが好きなんだと思います。

 

今回の楽器は、かなり使い込まれていて、ネックもちょっとつぶれたような跡があり、コンディション的にはそんなに良くはありません。

 

202008307 202008308 202008309 2020083010 202008303 202008302 202008301 202008305 202008306

 

キャラクター的には、やや暗めの6万中期だと思いますが、それが使い込まれることでパリパリ、ゴリゴリ鳴るような感じですね。

 

確証はありませんが、以下の演奏の楽器に見えるような気がします。

 

 

非常に均一で安定していますね。 彼の売りに出した楽器は、上から下まで均一な楽器で、安定している楽器を好んで選んでいるように見えます。 ですが、録音が悪いせいもあって、いつもの迫力は聞き取れませんので、どのくらい大きく強く鳴る楽器かはわかりません。

 

最近はSBAを使っていたりすることもあり、楽器はたくさんお持ちでうらやましいですね???

 

かなりが楽器にはこだわりのある方なので、しっかりとした安定した楽器であることは間違いないでしょう。 

 

100万ちょっとで買えるし、個人的にいい楽器が欲しい人はおススメです。

 

tomosax.net

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

アメセル テナー 13万4千台 ヴァリトン ネックについて

今日はアメセルテナーの13万4千台です。

 

元々Varitoneがついていたもので、取り外されています。

 

この楽器は、1966年製の楽器でがっちりVaritoneがついていたので、まさに最初の数本ということになります。

 

さて、私も気づかなかったのですが、このヴァリトン付きの楽器には少し異なる仕様のネックがつけられていたようです。 この13万台のネックともなると、かなり形が張っていて太いネックなのですが、ヴァリトンがインストールされた楽器には、もう少し細めの8万、9万あたりのようなデザインのネックがついています。

202008277 202008278 202008271 202008274 202008275 202008276 202008272 202008273

 

確かに、通常の13万台のネックよりはほっそりとしたネックがついています。 まず13万と9万あたりのネックの違いですが、13万のほうがしっかりして、音も太さがあるようながっちりした感じで、9万のほうがコンパクトで音がまとまるような感じ、馬力は9万のほうが相対的に弱いけど、スムースな心地よさがありますよね?

 

恐らく、ヴァリトンを付けるにあたって、音のまとまりのほうがあったほうがマイク乗りがいいとか、そういう明確な理由があるんだろう、、と思います。まあ、アメリカですから適当につけただけただけかもしれませんが、、、

 

2020082710

しかし、ピックアップの跡は非常にきれいに修復されていて、驚きですね。

 

この楽器は、ハリーコニックジュニアのバンドで演奏していた、リストンジョンソンさんが使っていた楽器だそうです。 80年代あたりの映像を確認するとこの楽器が見れるかもしれません。

13万台4千ともなると音色はゴリゴリしてきますので、5桁のフィーリングはほぼなくなっている、、といってもいいでしょう。 音の暗さは多少はありますが、この後に続くしっかりした鳴りの幕開け的な楽器で、後のものと比べると音の軽さなどが感じられていいでしょう。

そのネックのおかげで通常の13万よりはゴリゴリ感が弱まっているでしょう。

 

tomosax.net

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

フラセル ソプラニーノ 20万3千台 彫刻付き!

今日はフラセルのソプラニーノ、20万3千台のミントコンディションです。

 

1972年製でまあまあ古いのですが、ほとんど使われていないらしく、ほぼ完ぺきなコンディションです。

パッドも見えるものはほとんどオリジナルですね。

 

この楽器は、ポール ハーヴェイさんというイギリスの大学で教えていた人も持ち物だったものだそうです。

やはり、大学などで教える、、、など、そういう理由でもないと中々ソプラニーノには手を出さないと思いますが、それでもほとんど使う機会がないのがうかがえるほど、きれいなコンディションです。

 

202008269 202008268 2020082610 202008262 202008263 202008261 202008264 202008265 202008266 202008267

 

なんと、彫刻がついていますね? ソプラニーノには、彫刻がついていないものがほとんどですので、意外に珍しいように思います。

 

設計図がないゆえに、ソプラノはかなりデザインが年代を通じて異なります。 楽器の絞り方がかなり異なるので、高音の反応などもかなり変わってきますね。 ソプラニーノも古い時代や近代のものを色々見比べると、かなり形が異なって見えます。

この楽器は、割と太くなってきたもののように見えるので、高音は、もっと古いものよりは安定して弾けるでしょう。

 

私はソプラニーノには縁がないのであまり違いには詳しくありませんが、現代のものに比べるとかなり軽めで、からっとした音がするでしょう。

 

ソプラニーノビンテージとしては、中々の出物で、使う人にはかなり戦力になるでしょう???

 

彫刻があるとかっこいいですね???

 

ですが、90万という値段が高いのか安いのか?、、ちょっとわかりかねます、、、

 

tomosax.net

 

 

 

| | コメント (0)

フラセル テナー 17万1千 プロトタイプ?

今日はフラセルの17万台のテナーです。

 

このあたりの楽器は、ジャズ用の楽器としては全く注目されずほぼ無視されているような楽器だと思います。

その理由としては、音はかなり明るく、音色でいえばシリーズ2でも同じようなことはできる。 特徴といえば、ちょっと楽器が軽いことくらい?

というわけで、現代の楽器のバリエーションとして考えたときに、ちょっと軽めで、でも、音の丸みもあり、、、というような中での選択肢の1つにになるような感じですね?

 

さてそんなわけで、今回の楽器はかなり厳しめの言い方をすれば、何の変哲もないシックス中期テナーですが、実はこの楽器ちょっとポストのねじの形が違ったりする、、いわばプロトタイプ的な楽器です。

 

2020082510 202008251 202008252 202008253 202008256 202008254 202008258 202008257 202008259

リペアしている人でないと気付かないような微妙なねじの形の違いですが、他に見ないようなデザインになっています。  

 

マークシックスは管体のデザインや、ネックのデザインなども頻繁に変更されているので、このような変更というか、新しいデザインのものがあること自体は全く不思議ではありません。

実際、プロトタイプ的仕様は多く存在しますし、シリーズ2でも変な部品ついているものってたくさんありますよね?

 

さて、問題は何故この機構が採用されなかったかです。

 

それは推測の域を出ませんが、やはり、メンテナンス的な問題、、、そして、音に対する影響の問題でしょう。

 

メンテナンス的には、締まり方が弱い、、とか、長持ちしない、、とか、そういうことが考えられますが、音質的には、私は大きな影響があるだろうと思っています。

 

だって、ネック止めるねじ一本代えたらあんなに音変わるんだったら、これらのねじいっぱい代えたら、結構影響出ると思いません?

 

劇的な変化ではないせよ、明確な違いは出るでしょう。 具体的には、 シャキッとした音になるか、抵抗が強くなってなんだか鈍くなった感じ、あるいは軽くて詰まるようなフィーリングが出た、、、など、の変化が出るものと考えられます。

 

まあ、それがいまいちな方向であったり、メンテナンス的な問題もあって、採用されなかったわけですね。

 

細かすぎて中々わからないレベルですが、一応プロトタイプでこんなものもあった、、、勉強しておきたいと思います。

 

tomosax.net



 

| | コメント (0)

マークターナー先生のSBA フラセル 3万8千

今日はマークターナー先生の過去に使用していたSBAが売りにに出されている話です。

 

1994年から2008年までバリバリ使われていた正真正銘の彼の楽器です。

 

フラセルですが、3万8千ですがボーの長さもさすがに大丈夫そうで、あの低音をたくさん飛ばして弾くのには、やはりこのあたりの軽さでないということなのでしょう。

 

202008181 202008182 202008183 202008184 202008188 202008187 202008189 202008186

 

2005年くらいの話ですが、クイーンズの大学院に行っていたころに、クラスメイトがシェイマスとマークターナーが楽器を売ってくれるって言ってるけど、どっちの買おうか迷っている、、とカフェテリアで話したことがありました。

 

その彼は今は、カナダの片田舎?で大学の先生をしていますが、その時はマークターナーはそういう話をしていただけで実際に譲ってくれるところまではいかなくて、結局シェーマスのボロボロのSBAをもって彼は登場したのでした、、、

 

そうしたら、アントニオ(ハート)が、それ昔バークリーで見たことがあるな、、っていって、キーに穴が開いていてパッチ張られていて、ボロボロだね、、、ってお話ししたがことがありました。 

その時には、マークターナーは新しいSBAを買ったと聞いたような記憶があるので、その後に彼がその当時のメインの楽器をうりにだして、そして、今、勝った人が売りにだしているのでしょう。

 

アントニオがその時言っていたように記憶するのは、SBAのシルバーじゃないと低音の反応の軽さが出ないからSBAはシルバーに限る、、て、マークターナーが言ってたよ、、と言われたように記憶しています。でも、マークターナーはこの時シルバーを使っていないわけで、ブランフォードだったかもしれませんが、私の周りでSBAがガチャガチャしていた時代でした。

 

こんなに見なくなるのなら、私もこういう楽器を譲りうけておけばよかったと思う今日この頃ですが、ファンにはたまらない1本ですね?

 

私が当時聞いた値段よりも随分高値ですが、現在の市価から比べると妥当な値段なのでファンのひとのみならず、SBAが欲しい人は注目の一本ですね???

 

www.tomosax.net

 

 

 

| | コメント (4)

ヤマハ アルト 82Z UL  アンラッカー フィルウッズ限定モデル

今日はヤマハの82Zのアンラッカーのアルトのフィルウッズ選定品モデルになります。 なんでも正式名称は、82ZUL PWという名前が ついていてPWが正にフィルウッズということですね?

なんでもフィルウッズ先生が直々に選定した16本限定のモデルで、その一つずつに16本のうちのシリアルと、選定の証明書がついているようです。

 

元々フィルウッズ先生の楽器はプロトタイプ的なものだったと聞いたような気がしますので、現行のものとは多少違うでしょう。フィルウッズ先生は、ネックのねじだったり、サムフックだったりを変更していましたし、お使いの楽器も仕様が異なる部分も見受けられるので、今回の楽器がウッズ先生の楽器そのものということではありません。

しかし、ウッズ先生が自分の名前を関した限定モデルで、強いマーケティング的な側面が伺えますね?

202007098 202007099 2020070910 202007097 202007091 202007094 202007095 202007096

今から20年ほど前にアメリカで売り出されたものでしょう。

フィルウッズ先生が使うことにより、完全にジャズ用の楽器としてのイメージを獲得することができた82Z。 もちろんアメリカでも評価が高く、しっかりとした楽器、、というイメージが強いですね。

 

ヤマハについては、875exと好みがわかれるところで、実際は875exのほうがジャズ用の楽器としては向いているという意見もあります。 それゆえ、ヤマハにこだわりのある人は875のアンラッカーを特注する人もいるようです。

 

このZの特徴は、軽め楽器、、、ということになります。 現行の重くなりすぎた楽器よりは、少し古い楽器に近づけた軽さが特徴の楽器です。

 

それをアンラッカーにし、さらにパサついた楽器にすることで、ビンテージのフィーリングに近づけたという楽器です。

ウッズ先生以外に、アメリカでだれが使っているの、、、と、聞かれたときに困るのですが、そのくらいウッズ先生が使うことによってジャズホーンのイメージを獲得した楽器ですね。

 

そういえば、ずいぶん前にスティーブウィルソン先生、、、彼には実際に習ったことがありますが、彼がそのあとのプロトタイプのZ的なものを使っていましたが、、あれはどうなったんでしょうか?

それはさておき、アメリカではマークシックスに代わる、現代のビンテージの系譜を受け継ぐ楽器として評価が高いウッズ先生の限定モデル、、日本にはないだけに欲しい人も多いはず???

ちょっと高いが、ファンは見逃せないですね???

tomosax.net

 

 

 

 

| | コメント (0)

アメセル バリトン 6万3千9百 LowA

今日はアメセルバリトンの6万3千台です。

楽器購入の相談を受けているため、最近色々な人からよく聞かれます、、、”こういう状況なのでいい出物がでてますか?”。

 

残念ながら、、、”ほぼ何もありません”、、、ブログに書きたいものも皆無です、、、”と答えています。

 

アメリカなどでは、まだ地方でも感染が拡大し始めたこともあり、買い物すらままらない状況で、郵便局に行ったりすることも普段より難しいでしょうから、オークションなどの出品が低調なのもうなずけます。

 

さて、そんな中で出てきたのは、近年まれにみるコンディションの6万台LowA付バリトンです。 ほぼオリジナルのパッドも残っていて、このような状態の初期マークシックスバリトンを見るのは、久しぶりでした。

 

202006309 202006307 202006308 202006306 202006303 202006302 202006304 202006305 202006301

 

バリトンは、テナーに比べると少し遅れてシックスになり、テナー同様5万台あたりまではSBAに近い仕様となっていることが推測されますが、この6万4千ほどになると、5万5千よりは少しモダンになっているでしょう。

このあたりの楽器をそんなに並べて比べたことはないので、細かい違いを述べるのは難しいですが、8万台のバリトンと比べると、明らかにネックは細く長いですね。

 

2020063010

 

セルマーはこのあたりはまだまだ細い音がしているので、コンパクトな小回りの利く音色がするでしょう。

 

そして、テナーなどにはあまり見られないかなり暗めの色ですね。

 

経験上かなりパサついた暗い音がするでしょう。 そしてやはり特筆すべきは、コンディション。

バリトンはテナーの4分の1、5分の1ほどの生産量であることを考えると、この楽器のコンディションがいかに優れているかがわかるでしょう。

 

近年まれにみる出物といいてもいいくらいのバリトンですが、やはりすぐに売れてしまいました。

 

事実、最近の楽器の買い方といえることは、出てくる前に売れる、、、ネットにあげる前に連絡が来ますから、いい楽器が欲しい人はほかの人が見る前に1っ歩早く連絡をもらうことが多いですね。

 

そして、もう一つ言えることは、オークションなどで出てくるものは、ハズレではないが超一級品ではない、、、ということです。超一級品は、出てくる前に売れてしまいますから、売れずにオークションに出回るものは1段劣ると考えてもいいでしょう。

 

事実ここ数年購入するケースは、あらかじめ探しているものを楽器屋に伝えて、他の人が見る前に抑えるケースがほとんどでした。 楽器を購入する場合には、欲しいものをピンポイントでしぼり、、そして、その中からさらにコンディションや機能でで絞るのが、いい楽器に巡り合うコツですね?

今回のバリトンも、6万台のこういうのを探している人には、この上ない出物だったことでしょう、、、

 

 

tomosax.net

 

 

 

 

| | コメント (0)

キング スーパー20 アルト 30万5千1百台

今日はキングスーパー20のアルト、30万5千台です。

 

非常にいい感じの楽器です。こういう楽器は久しぶりに見たかもしれません。

 

キングのアルトもマークシックスと同じように、徐々に改良されていきます。

27万2千台から始まる第一世代と、この30万5千から始まる第二世代となり、いわゆるパーカー先生、キャノンボール先生のメインのほうは、第一世代に改良が加えられた1.5世代になります。

 

さて、今回の30万5千1百ですが、低いCとC#のキーに彫刻がないことから、第二世代になった直後と考えられます。しかしベルト本体をつなぐプロテクターや、テーブルキーは第1世代的な感じですね。30万8千ではこのプロテクターは簡素なものになっていますから、移行期間中の楽器ということになります。

 

30万5千にはいってすぐ第2世代に移行しつつあったのがわかります。

202006011 202006018 202006017 202006016 202006014 202006012 202006019 2020060110 202006013 202006015 202006012 2020060111 2020060112 2020060114

 

まず、重要なのはコンディションですね。

 

スーパー20はソリッドシルバーネックですが、ラッカーがすぐはがれてしまうことが知られています。 この楽器は、ラッカーが残っているのでそういう意味ではコンディション的には、かなりきれいなものといえます。

 

多少立て付けの再溶接がありますが、古い楽器にはつきものですのであまり気にする必要はないでしょう。

 

さて、この楽器ですが第2世代に入った直後ということで、パーカー先生やキャノンボール先生の音色を持ちつつ、使いやすくなった第2世代ということで非常にポイントが高いですね。

 

やはり、第1.5世代はややキーワークが難しく、第2世代のほうがやりやすいです。そして、楽器の安定性も第2世代のほうがあり、こちらのほうが人気が高いのですが、あまり後のシリアルになっていくと第2世代といえども味が薄れていきます。 この楽器は、その意味ではキングスーパー20の”おいしいとこどり””といえるでしょう。

 

デモがあるので聞いてみましょう。

 

https://www.saxquest.com/uploads/video/products/1964.mp4

 

非常に強い楽器ですね。キングの楽器を買うときには、あまり暗く聞こえる楽器はハズレのことが多いです。

この例のように、ビシッと決まると、あのキャノンボール先生のような感じに近いものが得られるでしょう。キャノンボール先生も相当音明るいですからね、、、

 

高音も詰まらないですし、機能性も申し分ないように聞こえます。

 

あとは、ここに味のあるマウスピースを合わせればクラシックなビバップの再現ができるでしょう。

 

キングスーパー20の出物としては、最高で私はかなり欲しいですね。

キャノンボールファンにおすすめです。

 

すぐ売れちゃうかな???

 

tomosax.net

 

 

 

 

| | コメント (0)

フラセル テナー 13万3千 シルバー ゴールドウオッシュベル

今日は13万台フラセルのテナーです。

 

13万3千はアメセルであればギリギリジャズができるか、、できないか、、、という微妙なラインですが、フラセルに関していうとジャズの楽器ではありません。

 

フラセルは、材質的に明るい締まった音がしてしまうので8万くらいまでがジャズ向きな感じで、今回の13万台だとほとんどジャズのフィーリングはなく、音的にはシリーズ2とは大きくは変わらないでしょう。

 

さて、今回の楽器はアメリカの人がわざわざ?フランスのセルマーまで買いに行った、工場で直売された楽器です。

それゆえ、シルバーにベルがゴールド(プレート)になっているちょっと変わった仕様です。

202005115 202005112 202005111 202005117 202005118 202005116 202005114 202005113

たまにこういう楽器を見かけます。

 

珍しい仕様の楽器ではありますが、そんなに人気はありませんね。

 

今回の楽器は、彫刻もなし、F#キーもなしで、よく言えばこだわりがある、悪く言えば非常に中途半端な楽器となります。

 

フラセルのシルバーもラッカーよりは強く吹きすぎなければ、やや落ち着いた音がして、強く吹くとラッカーよりはさらにバリバリやや華やかさのない音がします。

 

それがベルをゴールドにすることにより、音をギラギラした方向、、特に低音が暑苦しい感じになった楽器です。

 

ジャズ向きではなく、吹奏楽的な意味合いで考えるなら、

 

①ゴールドプレートにするお金がなかった、、、(なのにF#もない)

②シルバーの音色がすきだけど、暗すぎない感じにしたかった

③見栄えだけで買った

 

のうちのどれかですね。

そういう意味では、中々使い方の難しい楽器ですが、要はこの楽器の特徴的にあキャラクターにピンと来るかどうかだと思います。

 

コンディションもいいし、楽器としては面白いのですが、このこだわりについてこれる人だけが購入しそうな、そんな特殊な楽器ですね?

 

tomosax.net



 

 

| | コメント (0)

バリトンネック アルトとテナー 

今日はバリトンピックアップ付きのネックです。

 

なんと、アルトとテナーが両方セットで売りに出されています。

さて、これを見て皆さんは何を思うでしょうか?

 

座布団の枚数で、レベルを勝手に分けてみたいと思います。

まず、実物をどうぞ、、

 

202005101 202005102 202005104 202005106 202005103 202005105

 

1)座布団0枚レベル

1400ドルだから2本分としては安いから、お買い得かな?

まあ、シックスのネックでヴァリトン

ついてるということは90年代のレプリカではないですから、

そんなに高くないですね?

2)座布団1枚レベル

フラセルのネックだね。ヴァリトンは1967年からだから、初期型ではなくもう少しあとの時代に作られたネックかな?

ネックの台座が14万台は小さいですから、このネックはおそらく時代でいうと1970年前後、十数万代、、18とか19万台以降の

ネックかな?それゆえ、結構バリバリ鳴るので軽い感じではなく、ジャズっぽいネックじゃないだろうな、、、

2)座布団2枚レベル

まてよ、、、ヴァリトンって、アメセルだから、フラセルということは逆輸入というか、オリジナルではなくフラセルがアメセルをまねして作ったもの、、、恐らくブレッカー先生たちが流行ったように1970年代入ったかなり後になって、ヨーロッパ辺りの人がまねしようとオーダーしたものじゃない? たしかに、アメリカのオークションなのにドイツの出品ね? ということは、シックスでもかなり後のほう、、あるいは、セブンの時代に入ってから作ったものかもね?

2)座布団3枚レベル

台座のピックアップの部品はセルマーの刻印があるが、アメセル製なのか? フラセル製なのか? もしフラセル製なら、ピックアップの部品のみフラセルの部品をアメセルネックにつけると音が変わるのか? ねじ一つで音代わるから、この部品だけでも結構音が違うのではないか?

 

さらには、そこまで違ったら、フラセル製ヴァリトンネックはアメセルとは相当音が違うだろうし、アメセルが純正であることを考えるとフラセルのヴァリトンネックがアルトとテナーでセットで売っているのは相当珍しいのではないか?

 

ヴァリトンマニアの人がいたら飛びつくのではないか???

 


いかがでしょう?

これだけでも1時間くらいおしゃべりして楽しめそうですね?

でも、売れないからヴァリトンマニアの人もいないし、ヴァリトンのフラセルとか世の中の人はどうでもいいんだろうな、、、と考えてしまう今日この頃です。

 

tomosax.net

 

 

 

 

| | コメント (0)

アメセル テナー 12万3千6百

今日は12万3千台のアメセルテナーです。

ビンテージのテナーとしてはギリギリ古い音がする12万台です。13万になるとかなりゴリゴリ重たくなり音色が損なわれるので、実際にアメセルテナーとして王道の音がするのも12万台までですね。

 

そして12万台には明るい色も混ざっていて、ういう楽器はその意味ではハズレになりますので、今回のような暗い色をしたものがアタリということになります。

 

そして、値段的にも12万は5桁よりもかなり安いので、予算が少ない人は11、12万台あたりの暗い色をしたものを狙うといいでしょう。


2020043011 202004307 202004308 2020043010 202004309 202004301 202004302 202004305 202004306 202004304 202004303

暗い色をしていていい音がしそうです。 5桁と異なるのは、低音の太さと音の張りになりますが、枯れたジャズの音色という点では十分にキャラクターが感じられるでしょう。

この楽器は大きな修理歴があるので、かなりお安くお買い得です。

もともと12万は安めですが、修理歴があることによりさらに安く、70万くらいで買えます。

おそらく日本に持ち込んだ場合は大きな修理、、特に、へこみや曲がり系の修理が必要ですが、石森管楽器あたりで完璧に直したとしても、100万でお釣りがくるような感じで、安くいい感じのビンテージを手に入れるにはもってこいですね。

 

実は、つい先月もお買い得12万台を石森さんで大きく修理して、幸せになった方がいらっしゃいました。

 

予算少なめでうまくまとめるには、こういう出物がねらい目ですね?

 

tomosax.net



| | コメント (0)

セルマー モデル26 アルト 4本だけの特注 ゴールドプレート

今日は初期のレアものです。

 

モデル26のゴールドプレートで特注ものになります。

モデル26の時代にはゴールドプレートは多く存在していますが、今回のものは彫刻がゴージャズなバージョンで、アルトは4本、テナーは1本しか作られていない特別な楽器です。

 

通常は以下のような彫刻ですね。

202004220


今回のものは、ちょっと目を惹きます、、、紫のパーツは後でつけたものです。

 

202004228 202004222 202004224 202004226 202004227 202004225 202004223 202004221 202004229


 

ゴールドプレートはおそらくオリジナルでしょう。

この楽器の出どころは非常にはっきりしているようで、ラルフジェームスさんという1930年代に活躍した、Sam Woodingフルバンドのアルト奏者にのために作られたもののようです。

 

それゆえ、トリルキーなど最高仕様となっています。

 

ホッジス先生よりもさらに前の世代となりますが、今から100年ほど前に活躍されたアルトのスタープレーヤーのための楽器ということになります。

このバンドはアメリカや特にヨーロッパで活動したバンドで、時代が古すぎてこの楽器場間違いなく演奏されているというような音源は発見できませんでした。

 

さすがに1920,30年代の録音は少ないですね、、、

 

この紫のパーツだけ非常に気に入りませんが、かなりの希少品であることは間違いないですね。

 

tomosax.net

 

| | コメント (0)

アメセル アルト 8万9千2百

今日はアメセル8万9千台のアルトです。

 

フィルウッズをイメージするとき、やはりこの8~9万あたりがビバップのこもった系の丸い音がする、かつそれなりにパワーもある楽器で最もそのイメージに近いあたりになります。

 

そこで面白いのは、8万台テナーは明るい色のものが多いのに対し、8万アルトは今回のように何故か暗い色をしたものが多くてとても面白いですね。

 

この楽器も明るさを感じさせない、抜けきらない丸い音色に、ニューヨークメイヤーのマウスピースの鋭さが突き抜けていくマリアージュがぴったり合いそうな楽器です。

 

202004168  202004169

 

202004167 202004166 202004165 2020041611 202004163 202004162

 

コンディションも良さそうで、見た目も渋い色々ですね。

さて、キャラクターは申し分ないでしょうから、やはり一番気になるのが高い音の反応や、音の均一性です。

デモ音源があるので聞いてみましょう。

 

 

 

いかがでしょう?

音はやや弱めで、いいキャラクターをしています。9万台を知る人にはちょっと物足りない感じが、この8万台のいい味です。

さて、肝心の高い音ですが悪くはありませんがやはり弱めです。 かなり意識しないと詰まった弱い音になりそうです。

開きが狭いので仕方ない部分もありますが、そこがネックでこの楽器の購入に至らないということはありそうですね。

 

惜しい、、、

 

tomosax.net




| | コメント (0)

Martin Committee III ザ マーティン テナー 15万0千4百

さて、今日はザマーティンのテナーです。Committee IIIの特定の部分だけをThe Martinといい、マーティン時代の最も優れた楽器として呼びます。

 

今回のものは、15万0千台、、、その意味が分かる人は非常に通だと思いますが、おそらく最初期の楽器になります。1946年からザマーティンは作られ始めましたが、この楽器はその年であるだけでなく、おそらく最初の数百本に入るのではないでしょうか?

基本的には、14万のザマーティンもアルトも含めてみたことがないので、かなり初期のレアものです。

 

202004131 2020041310 202004133 202004134 202004135 202004136 202004138 202004139 202004132 2020041311 2020041312 

 

なるほど、いい色ですね。中後期は見かけますが、これだけ初期のものは20年ほど見ていても1、2本しか見かけませんので、かなりレアです。すぐに売れてしまいました。

 

やはり初期のものはキャラクターが中後期とは異なり、味が濃いのでより古いものを好む人が多いようです。

 

と思うのですが、この時代の楽器はほとんどリラッカーされているのも事実です。この楽器も、リラッカーと思います。まず、これだけきれいなのにシリアル下のシールがない、、、そして、彫刻が埋まり、ラッカーの下にも模様が見えます。

 

これだけいい色ならオリジナルとキャラクターの面でもそん色はありませんが、オリジナルとして売るのはちょっと、、、ですね。

 

やはり海外から買うのはリスクがあるので、こういう有名店でも注意が必要ですね???

 

tomosax.net




 

| | コメント (0)

セルマーマークシックス テナー スペアネック S刻印

今日は珍しい”S”刻印ネックです。

 

アルトでもテナーでも見かけるこのスペアネックは、おそらく音程が合わない人用に特注で作られたもので、ロングの意味である”L”とショートの”S”の2種類があります。

 

今回のものはS刻印なので、やや短め、、、音程が低い人用のためのネックです。

 

202004121 2020041222 202004126 202004127 202004124 202004125

 

台座が小さいのと、色合いから60年代初頭、、、おそらく12万台や13万台あたりの時代のネックと思います。

 

当然特注ネックなのでシリアルもありません。

 

この60年代前後によく見かけるのも特徴ですね。

 

今回のものはややつぶれてしまっているので残念ですが、Sの用途を求めている人、、、即ち音程が低い人は現代では少ないでしょう。昔は、ダブルリップで吹いていたので、唇のプレッシャーが弱くこういうものが必要な人がいたことでしょう。

 

しかし現代ではマウスピースの開きが大きくなって噛み気味な人が多いので、”L”のほうが需要が高いはずです。

 

このようなネックはたまに見かけるのですが、とても珍しいので探している人も多くすぐ売れてしまいます、、、

 

tomosax.net




 

 

| | コメント (0)

アメセル テナー 7万6千2百 ゴールドリプレート フランクカタラーノ

今日はフランクカタラーノさんが昔使っていた楽器です。

フランクカタラーノさんは、日本のイメージだとスタジオ系っぽいイメージに近いテナー奏者で楽器マニアとしても相当有名です。

マウスピースも何百本も持っていて、アルトはキングの特定の番台が好きだったりかなりマニアックな人です。

 

彼の功績としては、ジェニファーロペスとかデスティニーズチャイルドなどのバンドで弾いていたことが有名です。

私の中ではバリバリでかい音で派手な演奏をする印象が強いですね。

 

さて、そんなアメリカのスタジオでファーストコールの彼が、まさに上記のバンドで激しくメインで使用していたのが今回の楽器です。

 

アメセル7万中期にゴールドのリプレートです。

 

202004101 202004102 202004107 202004109 2020041010 202004104 202004103 202004105 202004108

 

私には非常に理にかなったセッティングです。

7万6千の特徴は、楽器の重さ的にはギリギリ軽いほうに属しますが、8万台の重さまでいかずに、6万台の軽さのままパワーをギリギリまで上げたちょうど境目に、ゴールドプレートをかけてギンギンにした、、、楽器が軽いまま音圧とキャラクターをビヨンセ側に?寄せた楽器ですね?

 

普段彼はヤマハのエンドーサーのようですが、やはりああいうフィーリングで、、、でも楽器の軽さが実用として欲しい点であるというのが、この楽器を使っていたことからよくうかがい知れます。

 

強いて難点をいうと、アクセル全開踏み込み型の楽器で、弱い表現や枯れた表現に向いていないのですが、ビヨンセと戦うには最高の楽器でしょう。

 

1万2千5百ドルで結構高いですが、そういうシチュエーションでは非常に実用性が高い楽器で、普段ヤマハなどを使っている人にはいい感じでアップグレードできるかもしれません。

 

ジョディージャズとベストマッチで中々面白そうな楽器ですね?

 

 

tomosax.net

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

バラスントアクション テナー 2万8千0百 

今日はバランストアクションのテナー、2万8千台です。

1939年製で中期あたりの楽器になります。

 

バランストアクションを語るとき、やはりリラッカーかどうかということがつきまといますが、この楽器はオリジナルに見えますね。

 

極端な話、バランストアクションの時代、1940年以前では楽器屋さんでオーバーホールするということが、あまりポピュラーではなく、楽器がかなり傷んでくるセルマーの工場にてリストアされることが普通でした。

 

細かい調整は近所の楽器屋さんでしてもらっていたでしょうが、ある程度使い込まれたら楽器を工場に送って、そしてラッカーがはがれてきた場合は腐食を防ぐために工場で一緒にオーバーホールと一緒にリラッカーするのが多く行われていたようです。

 

即ち、このバランストアクション以前の楽器というのは、工場でリラッカーされたものが非常に多くみられ彫刻もオリジナルの彫り師さんがもう一度彫っていたでしょうから、オリジナルと遜色なくリラッカーだけどオリジナルと称して売られているものが多々あり非常に注意が必要です。

今回のものは非常に珍しく、オリジナルに見えます、、、

202004035 202004036 202004037 202004038 202004031 202004034 202004039 2020040310 202004033 202004032

 

そういった理由で彫刻だけで判別するのは非常に難しいのですが、特に摩耗の激しいパームキーや親指が当たるところからの感じでオリジナルに見えますね。

バランストアクションはSBA(スーパーアクション)と違い、キーがインラインで配置されていて、結構指というか肩、腕がつらいのですが、SBAよりもさらにぼけた音、低音の軽さが素晴らしいですね。

同時期の楽器としてはコーンなどの楽器が主流でしたが、さすがセルマー、、、その当時の楽器としては、指もやりやすく、特にテープルキーの機構は革新的でしたね???

実際、このようなコンディションのバランストアクションを見かけることは非常に稀で、SBAや初期シックスよりもはるかに珍しいということがいえます。

 

40年代の音楽を奏でるのに最高の楽器で探している人も多いのではないでしょうか?

 

tomosax.net

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

ジョービオラさんのメイヤーブラザーズ アルト 4S Medium Chamber

今日はジョービオラさんの遺品です。

ジョービオラ先生はバークリーで長きにわたり教鞭をとられていた有名な先生です。私がアメリカにいた2000年代初期にはもう教えられておられなかった、というかお亡くなりになっていたのかもしれませんが、影響を受けた先生たちが多く、(私はバークリーに行ったことはないが)ジョービオラ氏の名前がレッスン中にたびたび登場しました。

私よりも10歳くらい上の人、、、今50代以上の人はジョービオラに習ったという人が多くおられます。

私が印象だったのは、ネックだけで1か月練習させられたという話で、楽器のコントロールの練習をさせられたみたいですね???

さて、そんな有名人のジョービオラさんのコレクションがたくさん売りに出されています。

そのコレクションから読み取れることはまた別の機会に述べるとして、その中で最もめぼしいのものが、このメイヤーブラザーズのアルトの4Sのミディアムチェンバーです。

202004011 202004012 202004013 202004015 202004016 202004014

とはいっても、非常にきれいで使った跡があまりありませんから、メインのマウスピースでなかったということですね。


開きは68で、非常に吹きやすく明るい音がするようです。

 

作りがいい、反応がいいマウスピースは明るい音色がする傾向がありますから、アタリのマウスピースなのでしょう。

 

ネックだけでいい音を出すトレーニングをされるくらいですから、このマウスピースなら彼のレッスンを受けるのに最適な武器だったことでしょう???

まさに逸品ですね?

 

 

tomosax.net




 

| | コメント (0)

雑誌 The Sax 100号記念の特集ページにちょっと載ります

事情を話せば長くなるのですが、色々あって、というかアンケートに答えたら雑誌に載ることになりました。

Snapcrab_noname_2020328_3229_no00

しかもよりによって、100号記念の特別増大号という節目の企画の”サックス銘器&マウスピース銘品”の特集にちょこっと私のコメントが載っております。

ポイント①

非常に興味深いのは

私は音楽家というよりは、”楽器屋”のカテゴリーのようだ、、、ということだ。

事実、私のことを(特にアジアの大きな国あたりでは)大久保で楽器で働いている?、、もしくは、サ〇ン〇風〇をやっている?、、、のはお前かと何度も聞かれたことがあります。

世間の人はそんなイメージか、、、このブログは楽器屋の宣伝ブログのイメージなのか、、、とおぼろげには感じていたが、、、今回、この雑誌で改めて(やりたくはないが)楽器屋でもやったほうがいいのか、、、そんな気持ちになるような、ひな壇的な割り振りになっております。

ポイント②

唐突にこんな私の戯言が、ヤマハ62やシリーズ2などを論じている企画に登場しても大丈夫なのか? 成立しているのか? と心配になるあまりに突然な私のアンケートの登場、、、。そこは、出版社の方々が演出として出してくれたことなので、私の心配など関係なくむしろ感謝するべきことですが、、吹奏楽の若い読者が私のページを開いても、スルーだな、、、、、すいません、、先に謝っておきたい気持ちでいっぱいです。

ポイント③

記事の内容は、私のブログを読んでいただいている方には”当たり前すぎる”とのメッセージもすでにいただいておりますが、そこはマニアの証ということで、ご存じの方は改めて復習する意味合いで眺めてみていただければ幸いです。

 

最後に

このようなことになったのも、私の他愛のない戯言にお付き合いいただいている皆様あってのことであり、雑誌社の方々はもちろん、このブログをご覧の方々にもお礼を申し上げたいと思います。

 

もう書店に並んでおりますので、是非チェックされてください!!!

つたない文章ですが、コメントもいただければ幸いです。

 

皆様ありがとうございました。

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

デュコフを改造 ブリルハートレベルエアー(ARB)化?

さて、今日はDukoffのマウスピースを改造したものです。

 

咥える部分をレベルエアー、のちのARBのように徹底的に薄く改造してあります。

この咥える部分の厚みに関しては、マウスピースの重さを含む鳴り方と、咥え方がより口元が狭まることによって息が集めやすいなどの吹き方による影響とかなり色々な効果が出てきます。

それについてはまた別の機会に述べるとして、世の中にはデュコフがもう少し咥える部分の厚みが薄かったらなあ、、、と考えるひとがいても全然不思議ではありません。

 

ARBじゃちょっと硬質すぎるし、Dukoffの感じで行きたいな、、、と思ってデュコフを思い切って改造してしまったことでしょう。

リフェイサーは、デュコフのリフェイスも多く行っているMojoさんです。

まあその当時のベストな選択だと考えられます。


202003235 202003231 202003237 202003234 202003232 2020032333  

 

これは、テーブルをガンガン削って咥える部分を狭めたというやり方でしょう。

咥える部分を厚みを相当落としていますから、マウスピースもかなり軽くなっているはずです。

咥える部分が薄くなることで、音かパリパリし、軽く厚みのない音になっていることでしょうが、問題はフェイシングのカーブです。

ここまでそぎとしたら、オリジナルのフェイシングカーブはおろか、かなりいびつなカーブの形になっているはずです。それゆえ、音域にわたる抵抗感、鳴り方、キャラクターの不均一性など様々な不安定要素がありそうです。

 

コンセプトとしては非常に面白いですが、うまく生かすのが非常に難しい大手術で、使えるレベルにするのは不可能でしょう。

非常に面白い試みですね???

 

tomosax.net

 

| | コメント (0)

ニューヨークメイヤーのソプラノ 偽物

さて、まだまだ偽物は絶賛発売中で?モノによっては1000ドル近くいくものもありますね? 

 

今回はニューヨークメイヤーのソプラノの偽物で、3Dスキャンしている特徴上、4Mというワンサイズだけ出回っているようです。

Img_3359Img_3349Img_3357 Img_3355Img_3353  

 

本物と二つ並べてみました。左が本物で(リフェイスあり)、右が偽物になります。

せっかくなので動画で違いを解説してみました、

 

 

基本的には、ほかの種類の偽物にも同じことが言えます。

 

場合によっては偽物は、かなり安く変えることもあるようですが、値段相応かそれ以下の機能しか備えていないので注意が必要ですね???

 

 

| | コメント (0)

アメセル アルト 14万5千9百

今日は王道の14万中期です。

 

14万台の中にもいろいろありますが、この14万中期は14万台の中で、鳴り、キャラクター、安定性の面ですべてにおいてバランスがいいのが特徴です。

 

14万後期になると鳴りは大きくなりますが、キャラクターが薄れるのでやはり音色を保ったままある程度鳴りと鋭さを持ち合わせるにはこの辺がベストですね。

 

今回の楽器は非常にきれいです。

202003165 202003166 202003168 202003169 202003164 202003163 202003161 202003162 2020031612 2020031613 2020031610 2020031611

 

ある程度使われているものは、こなれた感じがある反面不安定さもありますから、このくらいきれいであればビシッと気持ちよく吹けるでしょう。

14万台といってもやはりその調整の仕方が重要で、正しいセッティングにしないと同じような楽器でも全く異なる楽器に感じます。

 

この楽器は、通常はこんなもんですがキーは低めで、黒いパッドがついています。

即ちやや抑え気味のセッティングにしてあるので、どちらかといえば鳴りの大きさは相対的に小さいかもしれません。

 

しかし、ラッカーがしっかり残っていることで、それなりに華やかな音がして艶もあることで良く鳴ると感じる側面もあるでしょう。

あとは実際に手にしてみて微調整をすれば、まさに最高の楽器ですね。

 

値段も手ごろで円高ですから、かなりいい出物ということができるでしょう、、、

 

tomosax.net




 

| | コメント (2)

カナセル アルト 5万5千6百

今日はカナセルの初期マークシックスアルトです。

 

マークシックスは5万5千初期から始まるので、最初の数百本ということになります。そして最初の楽器にはオーナメントと呼ばれるネックのロゴがSが重なったものになっていますが、5万6千で通常になり、そしてまた5万7千でオーナメントになるので、この楽器は初期オーナメントともいえます。

そして、今回の楽器はカナダ周りで発売されたいわゆるカナセルで、通常のフラセルと異なる仕様の楽器です。

202003034 202003036 202003037 202003038 202003039 2020030310 202003032 202003033 202003035 202003031

2020030314 2020030315 2020030313

 

 

カナセルは、ブリティッシュの製造のものが回ってきたりとフラセルとは違う製造工程がとられているようで、見分けるのは非常に困難ですが、フラセルとは彫刻の彫り方やバランスが異なります。

一般には、フラセルよりも彫刻が深い、、、などという人もいますが、フラセルの彫刻と”何かが”違う見え方をします。違う人が、同じ彫刻のデザインをおそらくやや異なる型紙で彫っているからでしょう。

この楽器は、彫刻がちょっと弱弱しく、軽い感じに見えますね?

これも最初見たとき、カナセルっぽいな、、と感じたのですが、トロントの保証書がついているので間違いでしょう。

カナセルを何本も吹いたことがある有識者に聞くと、金属はアメセルよりもしっかりしていて、フラセルのようなバリバリ明るい感じではなく、やや上品な感じの印象を受けるようです。

実際、楽器としてはカナセルが一番良かったものが多いように思う、、、という人もいるくらいで、私もイギリス経由のカナセルバリトンを持っていますが、非常に個性的な音色がします。

この楽器は私のバリトンよりは明るい色ですが、上品で艶やかな、そしてフラセルよりもやや落ち着いた音がすることでしょう。

 

tomosax.net



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

オットーリンク スラント アルトの偽物

さて、今日はアルトのスラントの偽物です。

 

先日もこのマウスピースの類を石森管楽器に持っていっていろいろ勉強させてもらいましたが、スキャンして型を作って、、、という工程で製造されているようですね。

 

それゆえ、実物と同じフェイシングカーブ、オープニングのデザインを持っているので、それゆえそれなりに吹きやすいのであろう、、、とのことでした。

 

これにつきましてはまた後日レポートしますが、今までご紹介した偽物マウスピースは、それを作るときにすべて本物を手に入れてやっていることになり、それはそれでかなりの労力がかかっています。

 

さて、そのような状況でのアルトのスラントのコピー品ですが、今まで出てきたコピー品のすべてが6というサイズです。

それ以外のサイズのコピー品は少なくとも私は見ていないので、おそらく、アルトのサンプルは6というサイズしか取れなかったということを示唆しています。

 

202002241 202002242 202002243 202002244 202002245 202002246

 

さすがにテーブルの鑢の目の再現は非常によくできていますが、このマウスピースに関してはロゴなどのデザインに違和感たっぷりですね?

ちょっと鮮明すぎるというか、写真の写り方を考慮しても色味はかなり違って見えます。

 

むしろロゴはこんなにべったり塗らずに、薄い白い色をなんとなく付けるだけでよかったんじゃないかな、、、と思ってしまいますね?

 

さらにはアルトのスラントをコピーするくらいなら、もっと他のマウスピースをコピーしたほうが儲かりそうなので、あまりサックスには詳しくない人なのかもしれません。

これは粗悪な偽物なので騙される人は少なそうですね?

 

tomosax.net

 

 

 

 

| | コメント (0)

テナー スラントのニセモノ

今日はスラントの偽物です。

オットーリンクのビンテージのラバーマウスピースは、アーリーバビットも含めて最も多く模造品が放出されたモデルでしょう。

確認できるだけでも、

スラントのWT

5*

6*

7*

10

などありました。

USA付きのモデルから、NoUSA,初期テーブルスタンプ、アーリーバビットのレイトフロリダなど、多岐にわたるモデルがあるようですので、

基本的には全モデル、全サイズあっても不思議ではないですね。

今回ご紹介するのは10番の偽物になります。

Ts-slant106 Ts-slant102 Ts-slant105 Ts-slant103 Ts-slant101 Ts-slant104

 

まあまあきれいな感じですね。No USAで10番ですから、まあまあ珍しいものです。

ホンモノのNoUSAを持っている人ならわかると思いますが、やはりプラスチックのようなテカテカ感はありますよね?

ホンモノはもっとしっとり、ざらついた感じが強いです。

ですが、写真だけで見分けるのはやはり至難の業、、、

唯一のわかりやすい違いであるお尻の部分を見てみましょう。

 

Ts-slant107

下の中心部に、穴があります。

表面は傷のようなものもいっぱいありますね。

さすがにオットーリンクのラバーは拡散の具合が広く、至るところで、、有名な海外のお店でもすでに本物として売られていますね。

 

皆さん、もうネットでマウスピースを買うのはやめましょう、、、

 

tomosax.net

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

メイヤーブラザーズ アルトの偽物

さて、メイヤーブラザーズの偽物もまだまだ世界に拡散中ですが、最近のものはすこしシャンク部分に変化が見られようになってきたかもしれませんね?

 

私が聞いたところによると、メイヤーブラザーズの偽物は

3M Medium 

4M Medium 

4M Small

5M Medium

5M Small

5S Medium

5S Small

6M Medium

など、多数のバリエーションで売りに出されています。

そして、見栄えの特徴は明るいプラスチックっぽいラバーに、金色の色がはっきりしているのに一部消えかかっているのが見栄えの特徴です。

1_20200217225401 01_20200217225401 01_20200217225304 01_20200217225303 01_20200217225302 01_20200217225301 01 1

いわゆる初期モデルと後のモデルが混在していますが、大体見た感じのフィーリングは似ています。

反対は、、

2 03_20200217225904 03_20200217225903 03_20200217225902 03_20200217225901 03_20200217225801 03 3

色や、金色の感じには統一性があるので、こういう感じでくれば見分けるのは削らなくても容易そうですね?

そして見分け方の最大のポイントのシャンクの終わりの部分ですが、昔は

7 6

上記写真のように筋が入ったり、ちょっと段になっていました。本物ではこうはなっていません。

そして、最近うられているものは少しきれいになり、

06_20200217230402 06_20200217230401 06

ちょっときれいになりましたね。紙やすりで削ってきれいにしたようにも見えますね。

ということは、今後は見栄えで見分けるのはますます難しくなっていくかもしれません。

これらは日本にも多数入ってきているようで、最初に買った人が高値でオークションなどで転売して第2、第3者の人が買うことも多い様です。

そもそもですが、メイヤーブラザースはメイヤーほどは細く鋭くなく、太い角の取れた音が非常に気持ちよく鳴ってくれるマウスピースですので本物を知っている人は、吹けば騙されようがありません。

ですが、初めて買ったら”こんなもんかな、、、”と思って使ってしまうような、まあまあなクオリティーです。

以外に安く買えるので、もし復刻モデルとして3、4万ならありだとおもいますが、実際は4~9万あたりでのにせものであることを織り込み済みの価格で落札されています。

それが、日本で転売するときには10万以上で売られるわけです。

もうネットでビンテージのマウスピースは買えなくなってしまいました、、、

 

tomosax.net

 

| | コメント (0)

アルト ショートシャンク の偽物 

まだまだ偽物は発売中ですが、先日情報をいただいたものを見てみましょう。

ショートシャンクのアルトの偽物です。

シャンク部分の作りの粗さを見せないように立てているところがポイントですが、おそらくかなり粗い作りになっているはずです。

202002045 202002044 202002041 202002042 202002043

 

型を取って作っているのでサイズ感などは全く一緒ですが、テーブルの刻印が少し雑な感じですね。

そしてこの偽物マウスピース全般に言えることですが、やや青っぽいというか白っぽい感じというか、材質による色味が結構異なります。

本物のマウスピースは削ると茶色い粉が出てきて使い込むと温かみがあるような茶色っぽい変色ですが、偽物のマウスピースはやや硬い感じで冷たい感じの色に見えます。

このマウスピースも三万円ちょっとで売れました。

正直に言うと、3万円の新品マウスピースとして買うなら、現行品買うよりはちょっといいように思うような作りであるところが結構すごいです。

もちろん本物と比べるとずいぶん劣るのですが、それでも本物を持っていない人は気づかずに使い続けてしまうだろうな、、と思います。

このショートシャンクの偽物もシャンクの入り口の作りの粗さを隠されたらかなり手ごわそうですね、、、

 

tomosax.net

 

 

 

| | コメント (0)

«ニューヨークメイヤーのアルトの偽物