セルマー BA  アルト 2万8千9百 ゴールドプレート

今日はBAのゴールドプレート2万8千9百台です。

1939年製の楽器ですが、この翌年には戦火が激しくなりわずか2百本ほどしか作られませんでした。 その前年には1700本でしたがそのうちの一本になります。

ちなみに現在では年間2万本くらい作られているようです。

さて、BAの時代はラッカーが剥がれやすいためか?オリジナルのフィニッシュのコンディションのものはほとんど見かけません。

それがまさかのオリジナルゴールドプレートだそうです。

オリジナルかどうかは実物でしか判断できませんが、少なくとも色的にはかなり古いゴールドプレートですからオリジナルの可能性が高いでしょう。

201704251
201704252
201704253
201704254
201704254_2
201704256
201704257
201704259
2017042511
2017042513
2017042515

コレクター向けと言ってもいいくらいのかなりのレア楽器ですが、ゴールドプレートによってより実用的な楽器ともいえます。

この頃は楽器そのものが弱いですが、プレートによってパワーが増し、より押せるようになり、弱点であるパームキーの鳴りもより均一になりますから、ゴールドプレートがより望ましいですね。

さらには、ゴールドプレートはマークシックスを含む近代の楽器は暑苦しい重い音がしますが、この時代のゴールドプレートは音色に優美さを加えるという点でもポイントが高いですね。

BAファンにはおススメの楽器です。


www.tomosax.net


























 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キング スーパー20 アルト 33万9千

今日はキングスーパー20アルトの33万9千台です。

34万台あたりから第三世代になりますので、この楽器は第二世代の一番最後あたりの楽器で、1954年ごろの楽器となります。

この第二世代の楽器が一番バランスがよく、黄金期の楽器で豪華仕様なものが多いですね。

この第二世代まではシルバーネックが標準でついていて、キーにパールがついているのもこの辺りまでですね。

Img_2008
Img_2013
Img_2014
Img_2015
Img_2017
Img_2018
Img_2022
Img_2027

キングも古い楽器ほど音が散って、音量が小さくなる傾向にあります。

そういう意味では、このあたりの楽器が機能的にもシリアル的にも丁度いいという人もいるし、もう少し後の楽器のほうがしっかり鳴るから好き、、、という人も多いでしょう。

キングはコンディションのいい楽器が非常に少ないですから、今回のような楽器だと安心して買えますね???

ですが、レゾネーターは大きめのかなり分厚いものを使用しているみたいですから、通常の楽器よりはガリガリ鳴るでしょう。

中々良さそうな楽器です。


www.tomosax.net


























 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アメセル ソプラノ 10万7千台

今日はアメセルのソプラノ10万7千台です。

まずアメセルのソプラノで最も気をつけなければいけないのは、フラセル彫刻なしに後からアメセル風彫刻を足したものです。

一時期それらしいものが多く出回っていましたね。

基本的には、アメセルのパッドが残っていれば見た目ではアメセルと判断がつきますが、今回のようオーバーホールされてしまうと写真だけ判断することは難しいでしょう。

アメセルのソプラノとして見かけるのは丁度この10万辺りまでで、それ以降は私自身は見たことがありません。

201704211
201704212
201704213
201704214
201704215
201704216
201704217
201704218
2017042110
2017042111
2017042112

アメセルにしては色が薄いようにも思いますが、このように暗めに写されると微妙な見え方ですね。

また後から彫刻を彫った場合はちょっと太くなりがちですが、そういう意味ではオリジナルに近い彫刻のように思います。

私もアメセルのソプラノを何本も吹いたことがありますが、キャラクターというかフィーリングはフラセルと結構違うので、吹けばアメセルかどうかはすぐにわかると思います。

このように写真だけで判断するのは難しいのですが、本物だったら中々きれい過ぎるコンディションでいいですね。


www.tomosax.net


























 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フラセル ソプラニーノ 10万5千9百

今日はソプラノニーノの10万5千台です。

ソプラニーノが本数が少ないことは言うまでもありませんが、この時代のソプラニーノが市場に出てくることは稀です。

さらには今回のソプラニーノはシルバーでさらに珍しいですね。

201704201
201704202

ソプラニーノのシルバーは吹いたことはありませんが、シルバーにすることによって音がキンキンした感じが緩和されるでしょう。

また音も強くなり、落ち着いた音色になると思います。

ソプラニーノとしてはシルバーのほうが聞きやすい音色でしょうから、シルバーの利点は高いですね。

また、10万台ということで音色のボケた感じも低い音ではあり、特に最低音辺りではボケた音色が楽しめて現代の楽器のようなヒステリック感が緩和されてその点も見逃せません。

おそらく次に見かけるのは数十年後となりそうですが、そのくらいめずらしい楽器ですね。




www.tomosax.net


























 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

セルマー ソロイスト ソプラノ オーバルD

今日はセルマーのソプラノのDです。

今でもビンテージソプラノマウスピースといえば、スラントと並んでソロイストが最もポピュラーでしょう。

いわゆる背中にオープニングがついたダルマは多く見かけ年代もまちまちですが、その1つ前のモデルにあたるオーバルは数が少なく珍しいですね。

今回はそのDで、ちょうど使い勝手のよいサイズになります。

10611selmersolodsopranosm1
10611selmersolodsopranosm2
10611selmersolodsopranosm3
10611selmersolodsopranosm4
10611selmersolodsopranosm6

ちょっとバッフルがついていますね。

この古いタイプのものは、それ以後のダルマに比べるとすこし太い音がします。

音色もやや近い感じがして、吹きようによっては明るくも吹けますよね。

値段もこちらのほうが高くなる傾向が多いように思いますが、意外に安く650ドルです。

欲しい人は狙い目かもしれませんね???




www.tomosax.net


























 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オットーリンク ニューヨーク ダブルリング テナー 9*

今日はニューヨークダブルリングの9*のテナーです。

以前トーンマスターで9**や8というのがありましたから、それ以降の時代であるニューヨークダブルリングで9*というのがあっても全く不思議ではありません。

トーンマスターの時代でもカタログには6くらいまでしか載っていなかったようですから、このダブルリングでもおそらく9*は特注で作られたものだと思います。

10606l35olink9snystm1
10606l35olink9snystm2
10606l35olink9snystm3
10606l35olink9snystm4
10606l35olink9snystm5
10606l35olink9snystm6
10606l35olink9snystm7
10606l35olink9snystm8
10606l35olink9snystm10

バイトプレートはオリジナルではないし、やや手が加えられているようですね。

先っぽだけちょっと広がっているので、抵抗感の強いマウスピースかもしれません。

開きは120で、トーンマスターの8で100ほどでしたから、結構広げられていると考えるのが妥当でしょうか???

このサイズは他にあるかないか、、、というくらい珍しいですね。

ですが、コンディション的には微妙なので、実用的ではありませんがどんな人が使っていたのか興味があるところです、、、


www.tomosax.net


























 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フラセル アルト 8万2千4百

今日はフラセルの8万2千台アルトのシルバーです。

8万台辺りはフラセルでも音のボケが残りジャズでも十分使える番台です。

この番手の問題はボリュームが弱くて強く押せないことですが、フラセルのほうがしっかりしているのでボリュームもあります。逆に押せなくてもキャラクター重視でいくならアメセルでしょう。

今回の楽器はシルバーもかかっているので、さらにボリュームもあって音も暗めで機能的には中々バランスがとれているでしょう。

1030982442markvialto1
1030982442markvialto2
1030982442markvialto4
1030982442markvialto10
1030982442markvialto12
1030982442markvialto16
1030982442markvialto17
1030982442markvialto23
1030982442markvialto26

シルバーは落ち着いた音色になります。

その意味ではややアメセル、、とは言わないですが、暗いほうの音色になります。

この楽器の参考音源があります。



ラッカーのような華やかさが抑えられてちょっと暗い音になっています。

5、6万台よりも音に厚みがあって8万台らしいですが、11万台よりはかなりアクセル全開という感じですね。

アメセルとの違いは、アメセルは暗さの中に艶がありますが、この楽器は暗さのほうが勝っていてあまりつやは感じませんね。

高い音も詰まるように聞こえますし、総じていい楽器ではないのかもしれません。

きれいですが残念ですね。




www.tomosax.net


























 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オットーリンク テナー ニューヨーク スラント 7*

今日は非常に珍しいニューヨーク時代のスラントです。

スラントと言ってもいわゆるフロリダスラントとは全く異なるものですから、スラントと呼ばないほうがいいでしょうがメタルのトーンマスター的なイメージを持つといいかもしれません。

PreWarスラントなどとも呼ばれるこのマウスピースですが、1940年代らしくラージチェンバーが特徴で丸い音がします。

この時代は3,4あたりの大きさが中心ですので、7*というのはかなり珍しいですね。

106090291nyslant7stenor1
106090291nyslant7stenor2
106090291nyslant7stenor3
106090291nyslant7stenor4
106090291nyslant7stenor5
106090291nyslant7stenor7

オリジナルで102ということで売りに出されていますが、この時代は小さめで7*でも100を超えることはないでしょうから、ややリフェイスされているんでしょうね。

トーンマスターだと8でやっと100に届くくらいですから、おそらく90~95あたりの大きさを少し広げたことになります。

テーブルの鑢の跡はきれいですから、先端のほうだけ広げたわけでそれに伴いバッフルも上がりますから、オリジナルよりはやや鋭めでしょう。

昔はこのようなマウスピースもチラホラ見かけましたが、最近は数年に一度、、、という頻度になってきました。

特に、フロリダスラントのオリジナル7*は、しばらく見たことがありませんね。

ラバーの需要は高いようですね???






www.tomosax.net


























 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

セルマー エアフロー ソプラノ tableC 1930年代

今日は非常に珍しい1930年代のセルマーのソプラノマウスピースです。

テーブルにtableCと書かれているかなり古いタイプのもので、ここまで古いセルマーのソプラノマウスピースはあまり見かけません。

長さもかなり短いですね。

Sax102_a71f924316934704bc0bef0b88ce
Sax103_2048x2048
Sax104_2048x2048
Sax105_2048x2048
Sax106_2048x2048
Sax107_2048x2048

90年前のマウスピースですから歴史を感じますね???

やはりデザイン的にはかなりラージチェンバーのためかなり暗い音がするようです。

肝心の現代の楽器で使えるか、、、というととろですが、現代の楽器ではやや低めらしいですね。

チューニングどう、、、ということでなく、音程のばらつきなどやはり現代の楽器ではあいにくいようです。

やはりこのマウスピースは古い楽器にマッチするようで、逆に言えば古い楽器にはこのようなマウスピースをつけなければその音色は発揮できないわけで、そういう意味でも希少なマウスピースですね。


www.tomosax.net


























 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

セルマー 1920年代マウスピース アルト

今日は非常に古いセルマーのマウスピースです。

セルマーにはいわゆるショートシャンクのマウスピースの前にも長いマウスピースの歴史がありますが、今日は1920年代初期~中期の、、おそらくモデル26あたりまでについていたマウスピースです。

いわゆる最初のエアフローあたりですが、エアーフローの中でも2世代に当たるものです。

Sax39_68707039ce014fc9ae5ad5f8aa5f0
Sax40_d3244f942f4148cba3556f80d12f7
Sax41_42766b441fb748758e0f1aa5559b8
Sax42_eb73c10c69ce44f484c1cf099b2b6

tableBと書かれていて、これはこの時代から共通でしばらくこの流れが続きますね。

今から100年ほどまでのマウスピースですが、長さが短いことと、チェンバーが非常に大きく丸い音がしそうですね。

Bのサイズですが、実寸は55でその後のサイズ感と同じです。

非常に暗い音がするマウスピースとして有名ですが、希少なマウスピースです。





www.tomosax.net


























 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヤマハ 82Z アルト スペシャル

今日はアメリカ版のヤマハです。

日本では吹奏楽が巨大市場で、中高生に楽器を買ってもらいたいというのがメーカーの思惑でしょうが、やはりサックスといえばジャズでアメリカのミュージシャンにも評価されたい気持ちは大きいでしょう。

それゆえアメリカではあまり日本では見かけることのない”ロビー活動”が行われているようですが、この楽器もその活動の一端かもしれません。

アメリカ向けに発売された、ブラックラッカーのフェニックス彫刻で特別仕様です。

フェニックスとかいうと、ハミングバードとかフラミンゴとかセルマーのあれを連想させますね???ちょっと意識しているのかもしれません。

Sax3_ddcb99226681466cb05a9f264b9b51
Sax4_69fee4e7d6aa430b8f85109b41c2f0
Sax5_a98fc5743830437898f915f19a4be2
Sax6_35d730528abe458eaa8b9995d8d29a
Sax8_645fffed55ee4f99b58a39627346e1
Sax14_4452c82870394f93bffa7cd876266
Sax23_1e3b142b200145ce9b33d4049357f

ヤマハアメリカの50周年を記念して150本限定で作られたモデルだそうです。

管楽器の字体も日本よりもやや中国的な字体で、オリエンタルなイメージを付加しているところが逆に日本的ではないですね???

このモデルのブラックラッカーは吹いたことがありませんが、一般的にブラックラッカーは角がとれた華のない音がしますから、これはZの薄い近い感じの音がぼわっとしてちょっと厚みが加わって、ブラスのパリパリした感じがない音色でしょう。

色々面白い楽器がありますね???




www.tomosax.net


























 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ガーデラ ブレッカーⅡ

今日はブレッカーⅡです。

コピー品は多く出回っているものの、やはり?オリジナルを凌ぐものはまだ出てきていないといっても過言ではないでしょう。

ですが、このマウスピースのニーズはいまだに多く存在し、どんどん高値で取引されていますね。

今回のものは金メッキモデルでバリバリ明るく鳴りますが、一見きれいですが、メッキが浮いてテーブルなどは部分的に陥没しているようなコンディションです。

開きは110で標準的です。

103329736guardmbiidj2
103329736guardmbiidj3
103329736guardmbiidj4
103329736guardmbiidj7
103329736guardmbiidj8
103329736guardmbiidj10
103329736guardmbiidj11
103329736guardmbiidj17

一時期は流行ったウインスローのリガチャーもついていて時代を感じますね。

ウィンスローは今でも割と高値で取引されていますが、使っている人はあまり見かけませんね???

話はそれましたが、テーブルの金メッキがはがれたこの状態で使うと、痛みは非常に早く進行しますから、一度金メッキをはがしてかけなおさないとドンドン摩耗していきます。

というわけできれいですが、ダメージが広がるのは時間の問題といったところで、このようなものに大金を払うのは難しいですね?

しかしこのような物しか存在しないので、ガーデラの購入は非常に難しいなと感じてしまいます。


www.tomosax.net


























 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ソプラノ ガーデラ リーブマン

今日はソプラノのガーデラです。

ソプラノのガーデラは、ブランフォードや、スタジオなどありますが、その中でもスタジオと並んで割とよく見かけるのがリーブマンモデルです。

今よりもさらにその当時は積極的に活動されていましたし、リーブマンはカスタムモデルの代名詞みたいなひとですから、このマウスピースは中々有名でした。

さて、そのリーブマンモデルのかなりいいコンディションのものです。

開きは82で、相変わらずでか過ぎますね???

10405guardliebsop2171
10405guardliebsop2172
10405guardliebsop2173
10405guardliebsop2175
10405guardliebsop2176
10405guardliebsop2177
10405guardliebsop21710
10405guardliebsop21711

オリジナルのリガチャーとキャップもついていますね。

シリアルも561で古くはないけど、新しいものでもないでしょう。

鋭いバッフルにバレットチェンバーで、かなり明るい音がしそうです。

使いこなすのは大変なマウスピースですが、珍しいコンディションで非常にいいですね。

www.tomosax.net


























 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キング バリトンマウスピース 3

今日はキングのバリトンマウスピースです。

キングはその古い時代からマウスピースやリガチャーも楽器の付属品としても製造していたようですが、ちょっと近代になるとメタルも作っていたようです。

あまり見かけないものですが、たまにオークションなどでも出てくることがあります。

通常はウォルフタインのようなデザインなのですが、このマウスピースはバッフルが非常に高く明るい音がしそうですね。

201703271
201703272
201703273
201703274
201703275

おそらく1960年代か70年代あたりのものと思いますが、キングのサックスが安っぽい感じで作られていたことを考えると、マウスピースはそれなりにしっかりしたデザインに見えますね。

3という大きさで使い物にはならないでしょうが、マウスピースとしては非常に珍しいもので面白いですね。



www.tomosax.net


























 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«セルマー ソロイスト ロングシャンク H テナー